ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 福祉保健企画課 > (新)大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクトについて(多重的見守りの推進)

(新)大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクトについて(多重的見守りの推進)

印刷用ページを表示する掲載日:2016年12月6日更新

本県では、少子高齢化や人口減少社会の進行を踏まえ、認知症や一人暮らし高齢者等地域での支援を必要とする方々を、市町村や社会福祉協議会、民生委員・児童委員等に加え、民間事業者の皆さまの御協力をいただきながら、多重的な見守り体制を構築するため「大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクト連絡会議」を立ち上げました。

また、九州地域戦略会議(九州地方知事会と九州・山口経済連合会で構成)の策定した「九州創生アクションプラン」により、九州・山口全県において「多重的見守りネットワーク九州・山口モデル」の構築を推進することとされております。

それらを踏まえ、本県において県内全域での見守りネットワークの構築を推進していきます。

プロジェクトの目指す姿

本取組を通じて、下記のような見守り体制を県内全域に整備することを目指します。

見守り体制イメージ

大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクト連絡会議

県内すべての市町村における多重的見守り体制の構築に向けて、自治体及び民間事業者、関係団体で構成する「大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクト連絡会議」を設置しました。

今後、この会議を通じて、民間事業者と県による見守り協定の締結やこの協定等に基づく見守りネットワークの円滑な推進に向け、随時意見交換等を行っていくこととしております。

開催回数日時開催場所協議結果等
平成28年度(第1回)平成28年11月30日(水曜日)14時~16時県庁舎本館正庁ホール第1回会議結果 [PDFファイル/111KB]

御協力いただける民間事業者の拡大について

本取組は、一つでも多くの民間事業者の皆さまの御協力をいただき、多重的な見守りネットワークを構築していきたいと考えております。

つきましては、下記のとおり御協力いただける民間事業者を募集しておりますので、御検討を御願いします。

御協力いただく事業者の要件

  • 県内に事業拠点を有し、県内全域を概ねカバーする事業範囲を持つ事業者
  • 高齢者等の見守りに役立てる事業を行っている事業者

御協力いただく内容

  • 大分県孤立ゼロ社会推進プロジェクト連絡会議への参画
  • 県と事業者間における見守り協定の締結
  • 協定内容に基づく見守り活動等への協力(県内傘下事業者への周知を含む)

御協力いただける場合

  • 御協力いただける場合は、事務局(県地域福祉推進室 地域福祉班 506-2621)あて御連絡を御願いします。
  • 御連絡の後、事務局から趣旨や上記要件等御説明のうえ協議させていただきます。

「みんなでつくろう!見守りネットワーク九州・山口」高齢者等見守り意識啓発CMの放映

CMコンセプト

地域全体で「見守る」とはどういうことか?

視聴者一人ひとりの心がけ次第でこの社会問題を解決する地域づくりができる

そのための具体的なアクションを示し促す

「声をかけるということ、それも見守るということ」

本県における放映にかかる対応

  • テレビでの放映(11月1日~30日までの間に民放3局にて放映)
  • 本県ホームページでの放映
  • その他関連するイベント等を含めご使用いただき、幅広く啓発をしていきます。

その他の取組

「多重的見守りネットワーク九州・山口モデル」の構築に向け、取組を行っています。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください