ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 福祉保健部 > 健康づくり支援課 > 被爆二世健康診断について

本文

被爆二世健康診断について

印刷ページの表示 ページ番号:0002072364 更新日:2020年9月25日更新

被爆二世とは

 両親またはそのどちらかが被爆者(被爆者健康手帳を所持している人)である方です。

被爆二世健康診断

 大分県では、年1回被爆二世の方を対象に、健康診断を実施しています。
 ※令和2年度の被爆二世健康診断に関する情報はこちら

 1 対象者

  両親またはそのどちらかが被爆者(被爆者健康手帳を所持している人)で、大分県内にお住まいの方。

 2 実施時期

  11月上旬から翌年1月上旬まで

 3 申し込み方法

   被爆二世健康診断受診申込書(様式)  [PDFファイル/60KB]に必要事項を記入のうえ、住所地を所管する各保健所(部)に提出してください。
  申込書は各保健所(部)に置いていますが、お手元にない場合は電話での申し込みも受け付けます。

 4 健康診断一般検査の内容

  一般検査は以下の内容となります。ただし、(7)及び(8)は医師が必要と認めた場合、(9)は本人が希望した場合にのみ行います。

   (1)視診、問診、聴診、打診及び触診による検査
   (2)Crp定量検査
   (3)血球数計算
   (4)血色素検査
   (5)尿検査(ウロビリノーゲン、蛋白、糖、潜血)
   (6)血圧測定
   (7)Ast検査法、ALT検査法、γ-Gtp検査法による肝臓機能検査
   (8)ヘモグロビンA1c検査
   (9)血清蛋白分画検査による多発性骨髄腫検査

    ※一般検査の結果、医師が必要と認めた方には、精密検査を実施します。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)