ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 健康づくり支援課 > 新型コロナウイルス感染症に伴う参加者証の取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に伴う参加者証の取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日:2020年7月20日更新

新型コロナウイルス感染症に伴う肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業参加者証の取扱いについて

対象

   令和2年4月30日時点で、令和2年3月1日~令和3年2月28日の間に有効期間が満了する参加者証をお持ちの方

 参加者の方へ

   現在お持ちの参加証の有効期間を1年延長する取扱いと致します。従いまして、現在お持ちの参加者証の有効期間の終了に伴う更新の申請手続は不要となります

・ 現在お持ちの参加者証を引き続きご使用ください。(有効期間を延長した新たな参加者証の交付は行いません。)ただし、行き違いで更新の申請をされた方については、新たな参加者証を交付いたします。

・ 上記以外の申請や届出等については、これまでどおり手続が必要となりますが、郵送でも受け付けています。

※対象の方には、お知らせをお送りしています。

医療機関の方へ 

    対象者が、有効期間切れの参加者証を提示した場合は、有効期間を1年延長したものと読み替えて、当該医療費助成を適用していただきますようお願いします。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください