ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 高齢者福祉課 > 平成27年度大分県戦没者追悼式を開催しました

平成27年度大分県戦没者追悼式を開催しました

印刷用ページを表示する掲載日:2015年9月30日更新

平成27年度大分県戦没者追悼式

大分県では、戦没された方々の慰霊とその遺族に対する慰藉を行うと

ともに、広く県民に恒久平和の大切さを訴えるため、毎年追悼式を実施

しています。

 平成27年度は、下記のとおり開催しました。
大分県戦没者追悼式
日 時 : 平成27年9月4日(金曜日)
場 所 : 別府市 ビーコンプラザ
参列者 : 約1,700名


 広瀬知事は「今日の平和と繁栄が、戦没者の尊い犠牲のもとに築かれていることを胸に刻み、二度と繰り返されることのないよう、そして、戦没者の思いに恥じない、温かい豊かな古里をつくっていかなければなりません」と式辞を述べました。
参列者が黙とうした後、田中利明 県議会議長、泥谷政男 大分県遺族会連合会長、戦没者遺族代表が追悼のことばを述べました。
 父をバシー海峡で亡くした、遺族代表の萱野 喜代子(かやの きよこ)さんは、亡き父への思いを語り、「過去の歴史を正しく後世に伝え、皆で平和を守っていかなくてはならない、日本の国がある限り英霊の顕彰は生かされている者の責務と思っています」と強い気持ちを述べました。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください