ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 福祉保健部 > 感染症対策課 > 新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する情報

本文

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種に関する情報

印刷ページの表示 ページ番号:0002132442 更新日:2021年5月14日更新

ワクチン接種の目的

新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者の発生をできる限り減らし、結果としてコロナウイルス感染症の蔓延の防止を図ることを目的としています。

接種が受けられる時期

接種を行う期間は、令和4年2月末までの予定です。

現時点では、以下のような順でワクチンを受けていただく見込みです。(以下厚生労働省HPより抜粋)
(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
(4)(1)~(3)以外の方

※市町村のコールセンターや相談窓口に連絡する際、間違い電話が頻発しています。

電話をおかけの際は、番号を再度お確かめになって連絡をお願いします。

なお、この情報は4月時点ですので、現時点で変更になっている可能性があります。

予約開始日や接種開始日について、各市町村へお問い合わせください。

お住まいの市町村の接種スケジュール・お問い合わせ先 [PDFファイル/1.12MB]

接種回数と接種の間隔

ファイザー社のワクチンは、2回の接種が必要です。

ファイザー社のワクチンは、通常、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に2回目を受けていただくことになっています。
1回目の接種から3週間を超えた場合、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

接種場所

原則、住民票のある市町村(居住地)の医療機関や、市町村が設ける接種会場でワクチン接種が可能となる見込みです。具体的な接種場所等は、これから決まっていく予定です。

新型コロナワクチンに関するよくあるQ&A

Q1 新型コロナワクチンの接種はしなくてもよいですか。

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。ワクチンの副反応等についてしっかり説明し、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
予防接種を受ける方は、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくことになります。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
また、職場等で全員に必ず接種するよう求めたり、周囲の方に接種を強制したりすることのないようお願いします。

Q2 接種費用について、自己負担はありますか。

新型コロナウイルスワクチン接種は無料です。(全額公費)

ワクチン優先接種をうたい、金銭等を要求する「なりすまし(詐欺)」にご注意ください!

市区町村が電話やメールで個人情報を求めることはありません。詳しくは便乗悪質商法の注意喚起!(消費者庁ホームページ)をご確認ください。

Q3 どのような副反応が起こる可能性がありますか。

新型コロナワクチンに限らず、接種後にはワクチンが免疫を付ける反応を起こすことによる副反応が生じる可能性があります。副反応として、接種部位の痛み、発熱、頭痛などが起こる可能性があり、治療を要したり、障がいが残るほどの副反応は、極めて稀ではあるものの、ゼロではありません。(予防接種による健康被害は、公的救済制度の対象です。)
今回新たに承認されたワクチンの国内治験では、ワクチンを2回接種後に、接種部位の痛みが約80%、37.5度以上の発熱が約33%、疲労・倦怠感が約60%の方に認められています。また、ワクチンに含まれる成分に対する急性のアレルギー反応であるアナフィラキシーの発生頻度は、米国では、100万人に5人程度と報告されています。
日本での接種では、ワクチン接種後15~30分経過を見て、副反応等がある場合は、医療従事者が必要な対応を行います。

その他の詳細については、厚生労働省のHPをご覧ください。

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページ) 

 ・新型コロナワクチンの効果について
 ・新型コロナワクチンの安全性と副反応について
 ・接種対象や優先順位について 等々

相談窓口

1 「市町村相談窓口またはコールセンター」

内 容:住民や医療機関からの問合せ対応  
 (相談例)どこの医療機関で接種できるか
      クーポン券を紛失したらどうするのか 等

※市町村のコールセンターや相談窓口に連絡する際、間違い電話が頻発しています。

電話をおかけの際は、番号を再度お確かめになって連絡をお願いします。

お住まいの市町村の接種スケジュール・お問い合わせ先 [PDFファイル/1.12MB]

2 「大分県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口」

内  容:医学的知見が必要となる専門的な相談など、市町村では対応が困難な問い合わせ対応
  (相談例)接種後3日経っても腫れているが、医療機関を受診した方が良いか 等
電話番号:097-506-2850
受付時間:24時間対応(平日、土日、祝日)
開設時期:令和3年3月17日(水曜日)から利用可能

3 「厚生労働省 新型コロナワクチンコールセンター」

内 容:コロナワクチン施策の在り方等に関する問合せへの対応
電話番号:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(平日・土日・祝日)

4 「ファイザー新型コロナワクチン専用ダイヤル」

内 容:ワクチンに係る個別具体的な問合せ対応
(相談例)○○疾患の患者に接種して良いか
     ○○薬内服中の患者に接種し良いか 等
電話番号:0120-146-744(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~20時00分(平日・土曜)   

参考

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)