ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 障害福祉課 > 大分県軽度・中度聴覚障がい児支援事業について

大分県軽度・中度聴覚障がい児支援事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年11月8日更新

大分県軽度・中度聴覚障がい児支援事業を以下のとおり実施します

1.趣旨

 身体障害者手帳の交付対象とならず、公的助成を受けられない軽度・中度の聴覚障がい児に対して補聴器購入費用等を助成し、早期からの言語発達やコミュニケーション能力の獲得及び学力向上を支援します。

2.実施主体

 市町村

 各市町村の障がい福祉担当課が申請窓口です。
 詳しくは各市町村障がい福祉担当課にお問い合わせください。
 ※市町村によっては助成事業を行っていないところもあります。

3.助成対象者

 次の要件をすべて満たす18歳未満の軽度・中度聴覚障がい児が対象です。
 (1)大分県内に住所を有している方
 (2)両耳の聴力レベルが30デシベル以上で、法令の規定に基づく補聴器の交付対象とならない方
 (3)補聴器の装用により、言語の習得等一定の効果が期待できると医師に判断された方
 ※本人または世帯員のうち、市町村民税所得割の納税額が46万円以上の人がいる場合は助成の対象外です。

4.助成内容

(1)対象経費
  ・新たに補聴器を購入する費用
  ・補聴器の修理に要する費用
  ・耐用年数経過後に補聴器を更新する費用
(2)負担割合
  上記対象経費の3分の2を助成します。(本人負担は上記経費の3分の1)
 ※各経費には補聴器の種類、内容等に応じて助成上限額があります。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください