ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 自然保護推進室 > 「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」の国内推薦が決定しました!

「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク」の国内推薦が決定しました!

印刷用ページを表示する掲載日:2016年8月15日更新

 大分県と宮崎県、及び祖母・傾・大崩山系の周辺6市町(大分県佐伯市、竹田市、豊後大野市及び宮崎県延岡市、高千穂町、日之影町)は、祖母・傾・大崩山系周辺地域のユネスコエコパーク登録に向けた取組を進めており、先日、日本ユネスコ国内委員会あてに登録申請書を提出しました。

 平成28年8月12日に、日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会人間と生物圏(Mab)計画分科会(事務局:文部科学省)が開催され、「祖母・傾・大崩(そぼ・かたむき・おおくえ)」地域を、ユネスコエコパーク(正式名称:生物圏保存地域)の国内候補地としてユネスコに推薦することが決定しました。
 なお、今回の推薦決定地域は、「祖母・傾・大崩(大分県・宮崎県)」と「みなかみ(群馬県・新潟県)」の2件です。

 平成28年9月に、日本ユネスコ国内委員会からユネスコへの推薦が行われ、平成29年初夏に開催予定のユネスコ人間と生物圏(Mab)計画国際調整理事会において登録の可否が審議・決定される予定です。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください