ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活環境部 > 脱炭素社会推進室 > 令和3年度「再配達削減実証実験」 の実施結果について

本文

令和3年度「再配達削減実証実験」 の実施結果について

印刷ページの表示 ページ番号:0002108118 更新日:2022年1月17日更新

「再配達削減実証実験」の実施結果について

インターネットを使った買い物の増加により、宅配便が急増し、再配達が増え、二酸化炭素の増加や労働時間の増加につながっています。

大分県では、置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を配布し、アンケート調査等にご協力いただける県民モニターを300名募集し、令和3年10月1日(金)から令和3年11月14日(日)にかけて、再配達削減に向けた実証実験を行いました。

その結果をまとめたので、お知らせします。

皆さまのご意見をお聞かせください。

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)