ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働企画課 > 台風第18号の被災地域事業者に優遇措置を講じます

台風第18号の被災地域事業者に優遇措置を講じます

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月18日更新

 本年9月17日の台風第18号に伴う記録的な豪雨により、本県の中小企業・小規模事業者は、津久見市・佐伯市の事業者を中心に大きな被害を受けました。
 商工労働部では、被災地域の中小企業・小規模事業者の早期復旧・復興を後押しするため、下記、対象補助金の本年度の採択審査に加点等の優遇措置を設定することとしましたのでお知らせします。

【概要】
 商工労働部が今後募集する本年度の補助事業のうち、下記3補助金において、被災地に事業所を有する中小企業・小規模事業者に加点等の優遇措置を設定

【対象補助金】
 ・ものづくり・サービス業連携技術開発支援事業費補助金(工業振興課
 ・がんばる商店街総合支援事業費補助金商業・サービス業振興課
 ・観光関連産業活性化支援事業費補助金商業・サービス業振興課
 ※優遇措置の詳細は、今後公表する各種補助金の募集要項等をご確認ください。

【被災地域の優遇措置を受けられる中小企業・小規模事業者】
  本年9月17日の台風第18号に伴う記録的豪雨による災害救助法の適用地域に事業所を有する中小企業・小規模事業者
  ※災害救助法適用地域 津久見市、佐伯市(10月17日現在)


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください