ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > 新産業振興室 > 令和4年度大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金の募集について

本文

令和4年度大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金の募集について

印刷ページの表示 ページ番号:0002182442 更新日:2022年6月1日更新

「大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金」の募集のお知らせ

大分県ドローン協議会では「大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金」について、募集を開始しましたのでお知らせします。応募の方法等は、以下の募集要領等をご覧ください。

1 補助金の概要

(1) 名称
 大分県ドローン産業社会実装促進事業費補助金

(2) 趣旨・目的
 ドローンによる産業上の課題解決または地域振興につながるドローンの活用事例創出のために実施する実証実験を支援することにより、ドローンの社会実装を促進する。

(3)補助期間
 交付決定の日から令和5年2月15日まで

(4) 補助金額及び補助率
 補助金額:1,500千円以内
 補助率:2分の1 
 採択予定件数:3件程度(予算の範囲内)

(5)補助対象者
 次の条件を満たすこと。なお、2社以上の企業で構成する企業連携体による申請も可能です。この場合、1については構成員のうち1社が満たしていれば申請できます。

 1. 大分県内に住所を有し、または県内に店舗、工場等の事業所を設置している者であること。
 2. 暴力団員(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ)または暴力団(同法第2条2号に規定する暴力団をいう。)若しくは暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

(6)補助事業内容
 1.実施するフィールドは大分県内であること。
 2.ドローンの有用性が発揮されることで産業上の課題解決を図る事業または地域振興につながるドローンの活用事例を創出する事業であること。
 3.ドローンの活用シーンを広く一般に公開する機会を採択年度に設けること。ただし、ドローンの活用シーンを広く一般に公開する機会を設けることが難しい場合は、実証実験の内容や成果物等について実証実験後に公表すること。

(7)その他
 詳細については以下の応募要領等をご覧ください。

2 申請書等の提出

(1)提出書類及び提出方法

 応募要領「2 提出書類」に定められた関係書類をe-mailにより提出してください。
 様式は以下からダウンロードしてください。
(2)提出期間
 令和4年7月29日(金曜日) 午後5時まで

(3)提出先
  大分県商工観光労働部新産業振興室新産業・技術振興班
  (大分県ドローン協議会事務局)
  e-mailアドレス:a14140@pref.oita.lg.jp

(4)応募に係る経費
 事業認定申請書の作成にかかる経費は、応募者の負担とします。
 

3 お問い合わせ先

 大分県商工観光労働部新産業振興室新産業・技術振興班
 〒870-8501 大分県大分市大手町3丁目1番1号 
 Tel:097-506-3273/Fax:097-506-1753

(技術面のお問い合わせ) 
 大分県産業技術科学センター
 〒870-1117 大分県大分市高江西1-4361-10
 Tel:097-596-7100

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)