ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > 先端技術挑戦課 > 宇宙関連イベント業務委託公募型プロポーザルの実施について

本文

宇宙関連イベント業務委託公募型プロポーザルの実施について

印刷ページの表示 ページ番号:0002137938 更新日:2021年4月20日更新

1.目的

 民間等からの自由な発案に基づく宇宙に関連したイベントの企画・当日のイベント運営の実施に係る業務について、最適な委託先を選定するため、公募型プロポーザルを実施します。

2.委託業務の内容

 宇宙に関連した魅力のあるイベントの企画・運営の実施

※詳細は、実施要綱及び仕様書を確認してください。

3.参加資格

 参加資格を有するものは、次に掲げる要件すべてに該当する者とする。
(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4に規定するものでないこと。
(2)公告日以前3箇月以内に、手形交換所で不渡手形若しくは不渡小切手を出した事実または銀行若しくは主要取引先からの取引停止等を受けた事実がないこと。
(3)破産法(平成16年法律第75号)の規定に基づく破産の申し立て、会社更生法(平成14年法第154号)の規定に基づく更生手続開始の申立てがなされていないこと。
(4)県税、消費税及び地方消費税を滞納しないこと。
(5)提案仕様書の内容を熟知し、十分に理解した上で、本提案競技に参加できること。
(6)事業の受託業務に関するノウハウを有し、次の各項目に該当すること。
(a) 宗教活動または政治活動を主たる活動目的する者でないこと。
(b) 特定の公職者(その候補者を含む)または政党を推薦し、支持し、または反対することを目的とする者でないこと。
(c) 自己または自己の役員等が、次のいずれにも該当しないものであること及び次の各
号に掲げる者が実質的な運営に関与していないこと。
(ア)暴力団(暴力団員による不当な行為の防止に関する法律(平成3年法律第77号第2条第2号)に規定する暴力団をいう。以下同じ。)
(イ)暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)
(ウ)暴力団員が役員となっている事業者
(エ)暴力団員であることを知りながら、その者を雇用・使用している者
(オ)暴力団員であることを知りながら、その者と下請契約または資材、原材料の購入契約等を締結している者
(カ)暴力団(員)に経済上の利益または便宜を供与している者
(キ)暴力団(員)と社会通念上ふさわしくない交際を有するなど、社会的に非難される関係を有している者
(ク)暴力団または暴力団員であることを知りながらこれらを利用している者

4.受付期間

 (1)参加表明書
  令和3年4月20日(火曜日)9時から令和3年5月11日(火曜日)12時まで

 (2)企画提案書等
  令和3年4月20日(火曜日)9時から令和3年5月14日(金曜日)12時まで

 (3)提出先
  第33回ISTS大分別府大会地元事業実行委員会
  (大分県商工観光労働部 先端技術挑戦課 宇宙開発振興班)

5.質問受付

 ○本件に係る質問は、以下のとおり受け付けるものとする。
  (ア)質問方法:宇宙関連イベント業務委託質問票を下記電子メールアドレスに電子メールで送信するものとする。
  (イ)電子メールアドレス:a14290@pref.oita.lg.jp
  (ウ)電子メールの件名:宇宙関連イベント業務委託質問票(法人名)
  (エ)質問票受付期間:令和3年4月20日(火曜日)9時から令和3年5月7日(金曜日)12時まで
 ○質問の回答
  質問事項への回答は、令和3年4月21日(水曜日)9時から令和3年5月10日(月曜日)17時までに、順次、県ホームページに掲載する。
  なお、独自提案にかかる内容については、質問業者のみに回答する。

6.実施要綱、様式等

7.質問票に対する回答

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)