ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > 商業・サービス業振興課 > 大分県におけるキャッシュレス化推進の取組状況について(令和2年6月25日)

本文

大分県におけるキャッシュレス化推進の取組状況について(令和2年6月25日)

印刷ページの表示 ページ番号:0002103380 更新日:2020年6月25日更新

 県では、年々増加する訪日外国人消費を確実に取り込むとともに、中小・小規模事業者の生産性向上に役立てることを目的に、県内のキャッシュレス化を推進しています。

 今般、以下のとおり大分県内のキャッシュレスの推進状況(令和2年3月末)について取りまとめましたので公表します。

 引き続き、中小・小規模事業者の県内のキャッシュレス化の推進と令和2年9月から始まるマイナポイントへの対応を図るため、令和2年度は「JPQR」の普及に向けた説明会を市町村や商工団体等と連携して開催します。

県内飲食店におけるクレジットカード決済可能店舗の割合
 ~県内飲食店のクレジットカード導入率25.4%(伸び率全国一位)~

   県内飲食店におけるクレジットカード決済可能店舗の割合(令和2年3月末) [PDFファイル/86KB]

県内飲食店におけるクレジットカード決済可能店舗の割合(令和2年3月末)

 県内飲食店におけるクレジットカード決済可能店舗の割合は、15.0%(H30年9月)から25.4%(令和2年3月)まで上昇し、期間中の伸び率が日本一となりました。
 全国順位も23位から6位になりました。

大分県特別優遇プランの契約店舗数の状況
 ~キャッシュレス化推進パートナーによる大分県特別優遇プランの契約店舗数が4,189店舗となる~

大分県特別優遇プランの契約店舗数の状況(令和2年3月末) [PDFファイル/119KB]

大分県特別優遇プランの契約店舗数の状況(令和2年3月末)

(注)契約店舗数には、特別優遇プランへ乗換えした店舗数も含む。
(注)複数の決済事業者と契約可能なため、延べ契約店舗数となる。

 大分県特別優遇プランの契約店舗数が4,189(内訳:飲食業917、小売業1,810、旅館業214、その他1,248)店舗となりました。

※ キャッシュレス化推進パートナーとの協定は、令和2年3月末をもって終了しています。

【過去の公表内容】

 ・大分県におけるキャッシュレス化推進の取組状況について(令和元年12月25日)

 ・大分県におけるキャッシュレス化推進の取組状況について(令和元年9月25日)

 ・大分県におけるキャッシュレス化推進の取組状況について(令和元年7月2日)

商工団体・地域金融機関と連携した地域フェア等の開催状況

 事業者向け:平成30年1月から令和元年7月 全市町村 24回 1266名参加

宇佐 大分

杵築 姫島

消費者向け:令和元年11月から令和2年2月 8市町 313名参加

日田 由布

別府 大分

JPQRの普及に向けた取り組み

 「JPQR」一般社団法人キャッシュレス推進協議会により策定されたQRコード決済の統一規格です。
複数社ある決済QRコードを1枚のQRコードにまとめる(統一化)することで、1枚のQRコード(JPQR)で複数社の決済に対応します。

 全国の店舗(事業者)さまを対象に6月22日より、事業WEBサイト経由でJPQRの申込みが可能になりました。

 県では、「JPQR」の普及に向けた説明会を、7月下旬から市町村や商工団体等と連携して開催します。

月日時間主催場所住所
17月29日(水)14時から15時30分竹田市ほか竹田市社会福祉センタ多目的ホール大分県竹田市大字会々1650
28月7日(金)14時から15時30分玖珠町・玖珠町商工会(共催)メルサンホール健康増進室玖珠郡玖珠町大字岩室24-1
39月18日(金)14時から15時30分大分商工会議所大分商工会議所ビル5F中ホール大分市長浜町3-15-19

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)