ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 農林水産研究指導センター > 研究 Now vol.61 イネW C S、飼料用米を活用した「豊後・米仕上牛」のブランド力強化と生産性向上

本文

研究 Now vol.61 イネW C S、飼料用米を活用した「豊後・米仕上牛」のブランド力強化と生産性向上

印刷ページの表示 ページ番号:0001054517 更新日:2017年2月21日更新

研究 Now Vol.61 【畜産研究部】

 県北地域で交雑種ブランド「豊後・米仕上牛」が生産販売されていますが、

さらなる飼料用米の増給や地域資源を活用することによりおいしさの向上と

コスト低減が可能かどうか、生産者から飼養技術の開発が求められました。

 そこで今回、・・・つづきを読む

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)