ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 農林水産研究指導センター > 研究 Now vol.63 予測手法確立! ~「別府湾シラス」の漁獲量~

本文

研究 Now vol.63 予測手法確立! ~「別府湾シラス」の漁獲量~

印刷ページの表示 ページ番号:0001059667 更新日:2017年4月17日更新

研究 Now Vol.63 【水産研究部】

 2014年における大分県のシラス(カタクチイワシの稚魚)漁獲量は

農林水産統計によると全国7位で(3,034トン)、別府湾で漁獲される

シラスはその大部分を占めています。

 しかし、例年5月からシラスが獲れ始め、6~7月に盛漁期を迎えるの

ですが、近年では5~6月に獲れなくなってきています(図1)。

 そこでシラス漁が、…つづきを読む

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)