ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 新規就業・経営体支援課 > 農福連携に初めて取り組む農家の方へのサポートについて

本文

農福連携に初めて取り組む農家の方へのサポートについて

印刷ページの表示 ページ番号:0002111297 更新日:2021年6月1日更新
県では、農福連携に取り組んでみたいと思っている農家の方に対して、以下の取組を行っています。

1.「お試しノウフク」の支援(農福連携新規実施支援事業)

「お試しノウフク」とは、新たに農福連携に取り組む農家の方に対して、障がい者の受け入れにかかる不安を解消し、相互理解を進める目的で、実際に数日間障がい者の方を受け入れることにより、施設外就労や障がい者雇用に繋げていく取組です。
県では、この「お試しノウフク」にかかる費用(障がい者の方への工賃や、交通費)を一部支援することで、農福連携の推進を図っています。

(1)対 象(次のア~ウの条件をすべて満たすことが必要です)
 ア 大分県内に住所地及び耕作地を有する認定農業者または認定新規就農者
    (認定申請中の方を含みます)
 イ これまでに農福連携に取り組んだことがないこと。
 ウ 農福連携について積極的な実施を検討していること。

(2)支援内容
 実際に障がい者(就労継続支援A型及びB型事業所等)を受け入れた際に発生する工賃や交通費を補助(およそ3~4日間分)

※本事業は、「2.農福連携支援アドバイザーの派遣」との併用が可能です。

↓チラシはこちら
農福連携新規実施事業チラシ [PDFファイル/126KB]

↓申込書はこちら
申込書 [Excelファイル/14KB]

2.農福連携支援アドバイザーの派遣

農福連携として、障がい者の受け入れを希望する農家の方に対して、障がい者を受け入れるにあたっての大切なポイントや、障がい者の方への接し方などのアドバイスを行うアドバイザーを派遣します。

(1)対 象(次のア~ウの条件をすべて満たすことが必要です)
 ア 大分県内に住所地及び耕作地を有する農業経営体であること。
 イ これまでに農福連携について取り組んだことがないこと。
 ウ 農福連携について積極的な実施を検討していること。

(2)派遣回数
 1農業経営体あたり最大3回

※本アドバイザー派遣は、就労継続支援A型事業所や就労移行支援事業所などの障がい者の受け入れについても対象となります。

↓チラシはこちら
アドバイザー派遣チラシ [PDFファイル/187KB]

↓申込書はこちら
申込書 [Wordファイル/30KB]

3.お問い合わせ先

※詳細については、住所地を管轄する振興局の生産流通部あてにお問い合わせください。

お住まいの市町村お問い合わせ先(電話番号)
別府市、杵築市、国東市、日出町東部振興局 生産流通部0978-72-1141
大分市、臼杵市、津久見市、由布市中部振興局 生産流通部097-506-5796
佐伯市南部振興局 生産流通部0972-22-1195
竹田市、豊後大野市豊肥振興局 生産流通部0974-63-3177
日田市、九重町、玖珠町西部振興局 生産流通部0973-23-2217
中津市、豊後高田市、宇佐市北部振興局 生産流通部0978-32-1555

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)