ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農村整備計画課 > ふるさと水土里ウォーキングの開催について

ふるさと水土里ウォーキングの開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年1月15日更新

ふるさと水土里ウォーキングの開催について

令和2年1月19日(日曜日)に宇佐市総合運動公園でふるさと水土里ウォーキングを開催します。

ウォーキングするコースは、かつて水不足で粟や稗などしかできなかった台地を、宇佐市出身の南一郎平が中心となり、宇佐市院内町広瀬にある津房川から宇佐市長洲まで約17kmの誰も造ることが不可能であった広瀬井手を120年の歳月をかけて、明治6年に完成させました。現在では大分県を代表とする水田地帯となった地域です。

また、20kmコースでは宇佐市の歴史遺産になっている東光寺五百羅漢や宇佐海軍航空隊の跡地等も歩いていただきたいと思います。

日頃の運動不足解消や健康増進のために併せ、普段見ることのない農業水利施設を身近に感じていただければと思います。

是非、ご参加をお願いします。

▼受付時間 9時00分~9時30分(宇佐市総合運動公園多目的グラウンド)

▼出発式   9時30分~10時00分

▼出発   10時00分~

▼参加費  一般500円 高校生以下200円 (ウォーキング協会会員は300円)

※ゴール後は大分県ウォーキング協会から甘酒を配ります(数に限りがあります)

案内 [PDFファイル/572KB]

コース案内 [PDFファイル/2.82MB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください