ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 林務管理課 > チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育の「補講」開催のお知らせ

チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育の「補講」開催のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月27日更新

チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育の「補講」開催のお知らせ

緊急のお知らせ(補講申込書類の提出のお願い)

 当初予定していた委託契約の締結が遅れていますので、県において参加申込を受け付けます。
国東及び玖珠地域で参加を希望する事業体は、申込書類に必要事項を記入し、林務管理課の下記宛先へ提出願います。

【地  域】
・国東地域(6月8日 開催予定、場所:アスト国東)
・玖珠地域(6月9日 開催予定、場所:メルサンホール)

【申込対象事業体の要件】
県内の認定林業事業体、登録・育成林業経営体、県に関わる林業関係団体

【申込書類】
 ※5人以上で参加する事業体は、必ず上記エクセルファイル(97-2003,2007-)を使用し、メールにてお送り下さい。

【締 切 日】
6月1日(月曜日)

【宛  先】
大分県林務管理課 経営支援班 佐藤
 email:sato-masato@pref.oita.lg.jp
 Fax :(0973)23-2219

労働安全衛生規則におけるチェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育改正の概要(令和2年8月1日施行)

 チェーンソーによる伐木等の業務に関する特別教育(以下、「特別教育」という。)について、伐木の直径等により2種類に区分されていた特別教育が1つに統合されるとともに、特別教育の修了に必要な「学科」及び「実技」が追加されます。
 これに伴い、今まで特別教育を受講していた方も、「補講」を受講しなければ、令和2年8月1日以降の業務においてチェーンソーを用いた伐木造材作業に就けないこととなります。

※事業者による就労者への特別教育の実施は、労働安全衛生法第59条第3項に義務づけられており、特別教育(施行日以降の補講も含む)を未実施の場合、事業者は6月以下の懲役または50万円以下の罰金(法第119条)に処されることとなっています。

開催の趣旨

 県内の林業就業者の育成・確保の観点から、就業者等の負担軽減を図るため、県において「補講」を開催します。

補講の内容

 今回の補講は、学科2時間、実技30分の講習で、現行の伐木等作業(則第36条第8号)の特別教育(チェーンソーに関する講習を含む)の修了者を対象とする講習です。
カリキュラム
学科学科関係法令(法、令及び新安衛則中の関係条項) ・・1時間
学科伐木等作業に関する知識(造材の方法、下肢の切創防止用保護衣等の着用)・・ 1時間
実技伐木等の方法 下肢の切創防止用保護衣等の着用 ・・・・30分
講習時間・・2時間30分

対象者

 県内の林業就業者(認定林業事業体や林業関係団体等で林業への就業が証明できる者)で伐木等作業(則第36条第8号)の特別教育(チェーンソーに関する講習を含む)の修了者

受講料

 1人当たり1,100円(予定)
 ※振込手数料は各事業体でご負担ください。

スケジュール

 (1)申し込みについて
 本事業について、落札がありましたのでお知らせします。
 つきましては、下記ホームページから申込を行って下さい。
 ※認定林業事業体及び林業関係団体等のみからの申し込みとし、個人からの申し込みは受け付けません。

 落札:公益財団法人森林ネットおおいた
 HP:http://oita-mori.net/
  


 (2)講習スケジュールについて
  添付ファイル参照

当日持ってくる物

 特別教育の修了証(証明書)、運転免許証、筆記具、マスク、切創防止用保護衣(チャップスまたは防護ズボン)、安全靴

事前に行っていただきたいこと

 (1)修了証がない場合、再発行をしておいて下さい。
 (2)大分県、大分県林業研修所、大分県森林整備センター、森林ネットおおいた、林災防大分支部以外で受講し、修了証に36-8号や大径木の表記がない場合は、特別教育を受講した団体等に下記様式により「証明書」の発行を請求し、当日持ってきてください。
 (3)当日は、実技で下肢の切創防止用保護衣(チャップスまたは防護ズボン)と安全靴が必要ですので、各自事前に調達し、持ってきてください。(受講生間の使い回し不可)
 (4)スケジュール(1)にある申請書の一覧を作成して、委託先にお送り下さい。

注意事項

 (1)新型コロナウィルス拡大の影響により、講習の延期または定員の削減をする場合があります。
 (2)厚生労働省が労働安全衛生規則改正にかかる施行日を延期した場合は、本補講の日程を変更する場合があります。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください