ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 林務管理課 > 再造林・保育施業機械化実装支援事業における実証課題の公募について

本文

再造林・保育施業機械化実装支援事業における実証課題の公募について

印刷ページの表示 ページ番号:0002102238 更新日:2021年4月19日更新

再造林・保育施業機械化実装支援事業

 県では、地拵え、植栽、下刈り等の再造林・保育施業の省力化及び労働強度の軽減を図るために取り組む機械化や新技術導入を加速させるため、「再造林・保育施業機械化実装支援事業」を実施します。

 この事業では、再造林・保育施業の機械化や新技術の実用化を目指す意欲的な林業経営者等に対して、現場実装に要する経費の一部を補助します。
 本事業の支援対象とする実証課題について、公募要領に基づき応募があったものの中から選定します。

1.事業の概要

(1)名称
 再造林・保育施業機械化実装支援事業

(2)事業の内容
 別添「公募要領」のとおり

(3)募集期間
 令和3年4月16日(金曜日)~令和3年6月4日(金曜日)※17時必着

(4)補助率等
 ・補助率 :3分の2以内
 ・補助金額:500万円以内/件
 ・採択予定:1~2件程度
 (詳細は「公募要領」のとおり)

2.応募資格

以下の(1)または(1)(2)の者で構成された実証グループ
 (1)県内の登録林業経営体(大分県林業経営体選定・登録・公表要領により選定された登録林業経営体)
 (2)民間企業等が連携した実証グループ
 (その他詳細は「公募要領」のとおり)
 

3.応募方法

(1)提出書類
 公募要領に基づき、事業計画書(別紙1)を提出してください。
 様式は以下からダウンロードしてください。

(2)提出期限
 令和3年6月4日(金曜日)17時必着

(3)提出先
 〒870-8501
 大分市大手町3丁目1番1号
 大分県農林水産部 林務管理課 林業普及指導班

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)