ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 林産振興室 > 「県産材」で木造住宅を新築する取組みを支援します!

本文

「県産材」で木造住宅を新築する取組みを支援します!

印刷ページの表示 ページ番号:0160600329 更新日:2021年3月30日更新

木造住宅を「県産材」で新築する取組みを支援する「おおいた材住宅ポイント事業」

 新型コロナウイルス感染症の影響による住宅着工の鈍化に伴い、木材製品や原木が滞留し価格が下落するなどの影響が懸念されています。

 そのため、住宅建築意欲を喚起し、県産材の消費を拡大する取組みを支援することにより、木材需要を拡大し、林業・木材産業の活性化を図ることを目的として実施します。

支援の主な内容としては以下のとおりです。

(1)ポイントの交付
・県内に新築する戸建住宅(注文、分譲)で、県産材を10m3以上使用した場合、県産家具や県産農林水産品と交換可能なポイントを施主(又は購入者)に付与します。
・県産材を10m3以上使用した場合に30万ポイントを交付(1ポイント=1円)。
・10m3を超える場合、0.5m3毎に1万ポイントを上乗せします。
・1棟当たり50万ポイントを上限として交付します。
 (ポイントの交換商品)
  ・県産の木工家具や木工品、おおいたモデル木塀
  ・県産の農林水産物

(2)県産材推進費
・上記(1)のポイント交付の対象となる住宅を建築する工務店等に対し、県産材の推進費を交付します。
・県産材を10m3以上使用した場合に3万円を交付します。
・10m3を超える場合、0.5m3毎に1千円を上乗せします。
・1棟当たり5万円を上限として交付します。

(主な要件)※詳細は実施団体にお問い合わせ下さい。
・県産材(県内で生産された原木で製造させた製材品、及び県内の製材所が製造した国産材製品)を10m3以上使用すること。
・県産材は含水率20%以下の乾燥材であること。
・令和3年4月1日以降に棟上げするものであること。
・令和4年2月28日までに棟上げが完了するものであること。
 ※棟上げ時に使用樹種や材積等の確認を行いますので、事前の申請が必要となる場合があります。
  申請の期限など、実施団体にお問い合わせ下さい。
・県内に会社(支店等含む)を有する工務店等が建築するものであること。
・県税の滞納がないこと。
・国及び県から他の同様の補助金を受領するものでないこと。

(申請者)
 大分県内に本社または支店等を有する工務店等

事業の実施方法

事業の実施団体
・大分県木材協同組合連合会
  〒870-0004
  大分市王子港町1-17
  電話 097-532-7151
  Fax 097-537-8441


申請の受付開始
・令和3年 4月 1日(予定) ~ 令和 4年 2月28日(予定)


 その他詳細は、実施団体にお問い合わせ下さい。
 ※実施団体のHPやチラシが作成され次第こちらに掲載します。