ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 林産振興室 > 「県産材」で住宅や店舗などの改修を行う取組を支援します!

本文

「県産材」で住宅や店舗などの改修を行う取組を支援します!

印刷ページの表示 ページ番号:0002116048 更新日:2021年3月30日更新

住宅等を「県産材」で改修する取組みを支援する「おおいた材建築物改修支援事業」

 新型コロナウイルス感染症の影響による住宅着工の鈍化に伴い、木材製品や原木が滞留し価格が下落するなどの影響が懸念されています。
 一方で、テレワーク等で家で過ごす時間が増えるなど、いわゆる「新しい生活様式」に向けた取組が行われる中にあって、これらに対応したニーズが高まっています。

 そこで、住宅・オフィス等において「新しい生活様式」の実践に向けた改修等工事に県産材を活用する取組みを支援することにより、木材需要を拡大し、林業・木材産業の活性化を図ることを目的として実施します。

支援の主な内容としては以下のとおりです。
・県内に所在する住宅・オフィス等の改修等工事に県産材を使用する県内の工務店等に対し、一定額を補助する。

(申請者)
 大分県内に本社または支店等を有する工務店等

(主な要件)※詳細は実施団体にお問い合わせ下さい。
・改修等工事に使用する木材は原則として県産材(県内で生産された原木で製造された製材品、及び県内の製材所等が製造した国産材製品)を使用すること。
・構造材は原則として含水率20%以下の乾燥材を使用し、それ以外の木材も乾燥材の使用に努めること。
・令和3年4月1日以降に改修等工事が完了するものであること。
・令和4年2月28日までに工事が完了するものであること。
 ※改修等工事の完了予定日の1週間前までの申請が必要となります。
  申請の期限など、実施団体にお問い合わせ下さい。
・国からの他の同様の補助金を受領するものでないこと。

(補助額)
・対象工事の2分の1以内とします。
・但し、上限を以下のとおりとします。
 (1)改修に構造材が含まれる場合 上限39万円
 (2)内装材のみの改修の場合   上限37万円
・対象となる工事費は対象部分に係る木工事費、仮設基礎工事費とし、補助額が10万円以上となる物件とします。

事業の実施方法

事業の実施団体
・大分県木材協同組合連合会
  〒870-0004
  大分市王子港町1-17
  電話 097-532-7151
  Fax 097-537-8441


申請の受付開始
・令和 3年 4月 1日(予定) ~ 令和 4年 2月28日(予定) 


 その他詳細は、実施団体にお問い合わせ下さい。
 ※実施団体のHPやチラシが作成され次第、こちらに掲載します。