ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 森との共生推進室 > 平成30年度狩猟登録関係

平成30年度狩猟登録関係

印刷用ページを表示する掲載日:2018年8月3日更新

狩猟者登録

平成30年度狩猟者登録日程

※受付時間については、会場毎に変更があり得るので、県振興局農山(漁)村振興部に問い合わせること。 

時間

場所

対象者

東部10月3日(水曜日)9時30分~16時00分国東総合庁舎(3階301会議室)国東市

10月5日(金曜日) 

9時30分~16時00分別府市役所(1階レセプションホール)別府市
10月12日(金曜日)9時30分~14時00分

日出総合庁舎(2階大会議室)

杵築市
14時00分~16時00分日出町
中部10月3日(水曜日)9時30分~11時30分

大分市役所大南支所(大会議室)

大南・竹中地区
10月4日(木曜日)9時30分~16時00分臼杵市役所臼杵庁舎(2階203・204会議室)臼杵市(旧野津町含)・津久見市
10月5日(金曜日)

9時00分~16時00分

由布市役所庄内庁舎(3階大会議室)旧挾間町・旧庄内町・旧湯布院町
10月9日(火曜日)9時30分~15時30分大分市稙田公民館(大研修室)稙田・野津原地区
10月11日(木曜日)9時30分~15時30分大分市鶴崎公民館(第一会議室)鶴崎・坂ノ市・大在・佐賀関地区
10月12日(金曜日)9時30分~15時30分大分県教育会館(2階201会議室)中央地区
南部10月3日(水曜日)9時30分~10時00分大分県佐伯総合庁舎(4F大会議室)本匠(因尾)
10時00分~10時50分本匠(中野)
10時50分~11時30分直川
11時30分~12時00分宇目(重岡)
13時00分~13時50分宇目(小野市)
13時50分~14時30分蒲江
14時30分~15時00分上浦
15時00分~15時40分鶴見
15時40分~16時30分米水津

10月4日(木曜日)

9時30分~10時10分

大分県佐伯総合庁舎(4階大会議室)弥生(明治)

10時10分~10時50分

弥生(上野)
10時50分~11時00分弥生(切畑)
11時00分~11時40分佐伯市(海崎)
13時00分~13時50分佐伯市(堅田)
13時50分~14時30分佐伯市(鶴岡)
14時30分~15時00分佐伯市(青山)
15時00分~15時30分佐伯市(木立)
15時30分~16時30分佐伯市(佐伯)
豊肥10月2日(火曜日)9時20分~12時00分大分県竹田総合庁舎(大会議室)竹田市(旧直入郡)

13時00分~16時00分

竹田市(旧竹田市)
10月4日(木曜日)9時20分~12時00分大分県豊後大野総合庁舎(31会議室)豊後大野市(朝地町・千歳町・清川町・緒方町)
13時00分~16時00分豊後大野市(大野町・犬飼町・三重町)
西部10月 3日(水曜日)9時00分~16時00分大分県日田総合庁舎(4階大会議室)旧日田郡
10月 5日(金曜日)9時00分~16時00分大分県日田総合庁舎(4階大会議室)旧日田市

10月11日(木曜日)

9時00分~15時00分大分県玖珠総合庁舎(3階大会議室)玖珠郡
北部10月 2日(火曜日)9時00分~12時00分大分県宇佐総合庁舎(2階大会議室)旧宇佐郡
13時00分~16時00分

旧宇佐市

10月 4日(木曜日)13時00分~16時00分豊後高田市役所(2階コスモスホール)

旧豊後高田市
旧真玉町・旧香々地町

10月10日(水曜日)9時30分~12時00分大分県中津総合庁舎(3階大会議室)旧中津市
13時00分~15時00分旧三光村、旧本耶馬渓町
10月11日(木曜日)9時30分~12時00分中津市耶馬溪公民館(文化ホール)旧耶馬溪町
13時00分~15時00分旧山国町

  ※受付時間については、会場毎に変更があり得るので、県振興局農山(漁)村振興部に問い合わせること。 

 
1.対象者

平成30年度の猟期中に狩猟を行う予定の者で、上表の対象者欄の各振興局管内に住所地を有する者。

  ※但し、有害鳥獣捕獲のみを行う者は平成30年度から狩猟者登録の対象外とし、手数料及び税金が不要となっています。

2.申請期間

(1)県内在住者

上記日程で、住所地を管轄する各振興局(以下 「管轄振興局」という。)に狩猟者登録申請書を提出すること(印鑑、税金及び手数料を持ってくること)。

(2)県外在住者

平成30年9月14日(金曜日)以降に、一般社団法人大分県猟友会に狩猟者登録申請書を提出すること。その際、税金及び手数料を入金すること。
くわしいことは、『一般社団法人大分県猟友会』まで・・・・・・Tel (097)532-4543

狩猟者登録申請書様式 [PDFファイル/117KB]

3.添付書類

(1)県内在住者

[1]「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則」第67条に定める要件を備えていることを証する書面(共済事業の被共済者にあっては給付額が、損害保険会社の被保険者にあっては保険金額が、それぞれ3,000万円以上であること。またはこれらに準ずる資力信用を有すること。)

[2]写真2枚(最近6ケ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの。)

[3]平成30年度の県民税の所得割額を納付することを要しないことを証明する市町村長の発行する書面(網猟、わな猟または第一種銃猟の狩猟免許に係る狩猟者登録を受ける者のうち、下記に該当する者のみ。)

[4]返信用封筒 1通(郵便切手82円分を添付し、宛名を書いた封筒(郵送を希望する者のみ。))

(2)県外在住者

上記(1)県内在住者の[1]~[3]に加えて、下記の[5]~[7]のうち 1つ。(返信用封筒は不要です。) 

[5]狩猟免状の呈示

[6]狩猟者登録用として再交付を受けた狩猟免状(平成29年度に発行したものに限る。)

[7]各都道府県猟友会長が原本と相違ない旨を認めた狩猟免状の写し(平成29年度に発行 したものに限る。)

[8]郵送料(返送料) 書類の返送料はすべて宅急便による着払いとなる。

4.税金及び手数料

(1)狩猟者登録に係る手数料

狩猟者登録申請書に千八百円分の大分県収入証紙を貼り付けて提出すること。
但し、下記については、手数料を徴収しないので、狩猟者登録申請書に大分県収入証紙を貼り付けないこと。

[1]新たに狩猟免状の交付を受けた者で当該年度の狩猟者登録を受ける者

  ※手数料を徴収しないのは、新たに免状の交付を受けた猟法のみが対象となります。
  (例)  わな猟と第一種銃猟の両方の狩猟者登録をしたいが、既に第一種銃猟免許を持っており、今年度新たにわな猟免許を取得した場合
     →わな猟0円+第一種銃猟1,800円=1,800円。

[2]申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者

  ※手数料を徴収しないのは、有害鳥獣捕獲に従事した際の猟法のみが対象となります。
  (例)  わな猟と第一種銃猟の両方の狩猟者登録をしたいが、わな猟でのみ有害鳥獣捕獲に従事した場合
     →わな猟0円+第一種銃猟1,800円=1,800円。

  [2]であることの証明書類として下記が必要です。

     イ.法に基づく許可証又は従事者証の写し
       (許可証の報告欄に必要な記載があれば、ロ.の書面は不要)

     ロ.捕獲等の結果を示す書面 a~fの何れか1つ
       (捕獲等の日付、場所、対象種、捕獲数等を記載したもの)
        a 県猟友会発行会員手帳の身分証明書及び実包管理表の写し
        b 有害鳥獣捕獲等作業日誌の写し
        c 従事者証の裏面の報告欄の写し
        d 捕獲速報票の写し
        e 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(許可証の交付を受けた者(後述の減税の証明書類として
狩猟税納税票に添付した場合は写しでも可))狩猟税
        f 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(従事者証の交付を受けた者(
後述の減税の証明書類として狩猟税納税票に添付した場合は写しでも可))
          (e又はfの証明書があれば、イ.の写しは不要)

(2)狩猟者登録に係る税金

通常の税率は下表のとおり。

免許種別狩猟税
[1][2]
網猟8,200円5,500円
わな猟
8, 200円5, 500円
第一種銃猟16,500円11,000円
第二種銃猟5,500 円

(注[1])網猟、わな猟狩猟者登録を受ける者または第一種銃猟狩猟者登録を受ける者で、[2]以外の者。

(注[2])網猟、わな猟狩猟者登録を受ける者または第一種銃猟狩猟者登録を受ける者で、この年度の都道府県民税の所得割額 を 納付することを要しない者のうち、地方税法第23条第1項第7号に規定する控除対象者または同項第8号に規定する扶養親族に該当する者(農業、水産業または林業に従事している者を除く。)以外の者。 

但し、下記については、平成27年度から狩猟税が減免となっている。

[1]対象鳥獣捕獲員(大分県内の市町村に所属する対象鳥獣捕獲員に限る。)及び認定鳥獣捕獲等事業者の捕獲従事者(申請書を提出する日前1年以内の期間に大分県内で認定鳥獣捕獲等事業の従事者証をもらってこの事業に従事したものに限る。)は狩猟税が免除。

[2]申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者については狩猟税が軽減され通常の税率に1/2を乗じた額。(100円未満切り捨て) 

  [2]であることの証明書類として下記が必要です。

     イ.法に基づく許可証又は従事者証の写し
       (許可証の報告欄に必要な記載があれば、ロ.の書面は不要)

     ロ.捕獲等の結果を示す書面 a~fの何れか1つ
       (捕獲等の日付、場所、対象種、捕獲数等を記載したもの)
        a 県猟友会発行会員手帳の身分証明書及び実包管理表の写し
        b 有害鳥獣捕獲等作業日誌の写し
        c 従事者証の裏面の報告欄の写し
        d 捕獲速報票の写し
        e 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(許可証の交付を受けた者(公印が押された原本))
        f 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(従事者証の交付を受けた者
(公印が押された原本)
          (e又はfの証明書があれば、イ.の写しは不要)

5.県外在住者の納付方法

狩猟税、狩猟者登録手数料及び郵送料は、口座振込のみの扱いとする。

○ 振込先  大分銀行 県庁内支店 普通預金  口座番号 5086545
         一般社団法人 大分県猟友会

6.注意事項

(1)狩猟者登録証及び狩猟者記章(以下「狩猟者登録証等」という。)の携帯・着用

狩猟者登録を受けた者は、狩猟をするときは、必ず狩猟者登録証を携帯し狩猟者記章を着用しなければなりません。

(注)網猟、わな猟の狩猟免許に係る登録を受けた者は、狩猟をするときは、その使用する猟具ごとに住所及び氏名並びに狩猟者登録証に記載された都道府県知事名、登録年度及び登録番号を1字の大きさが縦・横1.0センチメートル以上の文字で記載した金属製またはプラスティック製の標識を付けなければなりません。

(2)狩猟者登録証等の返納

狩猟者登録証等については、狩猟者登録が抹消されたときや狩猟者登録の有効期間(毎年10月15日から翌年の4月15日まで)が満了したときはその日から起算して30日を経過する日までの間に、交付を受けた行政庁に返納しなければ なりません。 また、狩猟者登録証を返納する際は、鳥獣の捕獲をした場所及びその捕獲をした鳥獣の種類別の員数を報告しなければなりません。

(3)狩猟者登録証等の亡失の届出

狩猟者登録証及び狩猟者記章の交付を受けた者は、これを亡失したときは、その 旨を書面をもって遅滞なく交付を受けた行政庁に届け出なければなりません(狩猟免状を亡失した場合も同様です)。

(4)狩猟者登録証等の再交付

狩猟者登録証及び狩猟者記章の交付を受けた者は、これを亡失または損傷したときは、その再交付を請求することができます。また、その場合の再交付手数料は次のとおりです(狩猟免状を亡失した場合も同様です)。

網猟、わな 猟、第一種銃 猟、第二種銃猟(共通)狩猟免状再交付1,000円
狩猟者登録証再交付1,100円
狩猟者記章再交付1,000円

(5)住所または氏名の変更の届出

狩猟者登録証の交付を受けた者がその住所または氏名を変更したときは、早く にその旨を所轄行政庁に届け出なければなりません。

亡失届出・再交付申請・住所等変更届出様式 [PDFファイル/64KB]

7.その他

詳細については、最寄りの県振興局農山(漁)村振興部までお問い合わせください。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください