ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 土木建築部 > 建築住宅課 > 住宅確保要配慮者のための居住支援セミナーについて(大分地区)

本文

住宅確保要配慮者のための居住支援セミナーについて(大分地区)

印刷ページの表示 ページ番号:0002117054 更新日:2020年11月1日更新

令和2年度 事業者向けセミナー

住宅確保要配慮者の居住支援セミナー(大分地区) 「先進事例に学ぶ居住支援の実践アプローチ」を開催しました(終了)

 県では、住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律(通称:住宅セーフティネット法)に基づく要配慮者の居住支援の体制づくりに取り組んでいます。今回は、福岡市社会福祉協議会から講師をお招きし、見守り、緊急時対応、専門家による相談、死後事務委任の諸手続き、空き家の活用、ファンドレイジングなど多彩なメニューによる支援を実践する方法を紹介していただきました。

セミナー写真

参加者:全32名(居住支援団体、不動産関係団体、行政など)

(別紙案内)11月26日 住宅確保要配慮者の居住支援セミナー [PDFファイル/205KB]

 講義内容等 

1.大分県の住宅セーフティネット制度の取り組みについて

 大分県 土木建築部 建築住宅課 企画調査班

2.包括的な居住支援事業について

 福岡市社会福祉協議会 住まい・まちづくりセンター 吉田 時成 氏

 日時  令和2年11月26日(木曜日) 14時00分~16時00分(開場 13時30分) 

 会場  大分市コンパルホール 4階 400会議室 大分市金池南1丁目5番1号

 

 

お問い合わせ先

大分県土木建築部建築住宅課 TEL:097-506-4677

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)