ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 土木建築部 > 公営住宅室 > 新型コロナウィルス感染症の影響等による家賃減額について

本文

新型コロナウィルス感染症の影響等による家賃減額について

印刷ページの表示 ページ番号:0002090584 更新日:2020年3月24日更新

新型コロナウィルスの影響等により収入が著しく減少した県営住宅入居者のみなさまへ

お知らせ

 新型コロナウィルス感染症の影響等による失職等で収入が著しく減少した県営住宅入居者の方は、以下の手続きにより、家賃を減額できる場合があります。

1 収入再認定

 → 失職・退職により世帯収入が減少し、収入再認定の結果、収入分位が変更された場合には家賃額を減額します。

2 家賃減免・徴収猶予

 → 世帯収入が県の定める基準以下となった場合に、2割から5割の範囲で家賃額を減免します。

    また、家賃の徴収を猶予できる場合があります。

  ※詳細については、下記問い合わせ先までご連絡ください。

 

【 お問い合わせ先

  大分県住宅供給公社 県営住宅管理課  Tel 097-532-5137

  大分県土木建築部 公営住宅室       Tel 097-506-4684

  ▼▼「県営住宅入居者のしおり」はこちらをクリックしてください。▼▼

         県営住宅入居者のしおり [PDFファイル/451KB]       

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)