ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県有地売却・貸付情報 > * 使用・貸付の種類等について *

* 使用・貸付の種類等について *

印刷用ページを表示する掲載日:2014年10月7日更新

*  使用・貸付の種類について  *

 

財産の種類について

 県の所有する財産は、大きく分けて「行政財産」「普通財産」の2種類に分かれており、この財産の種類により、使用・貸付けの手続きが異なります。

  ・行政財産:県が行政目的を遂行するために所有している財産
         (例:県の庁舎、各出先事務所、学校、公園等)
  ・普通財産:行政財産以外の財産(県の行政目的として直接供されない財産)
         (例:宿舎、県立学校・事務所跡地等の遊休地、売却予定地等)

 

使用・貸付の種類等について

 県の財産の使用・貸付けを希望する場合、それぞれの関係所管課等が使用目的や内容を確認のうえ、許可又は不許可の決定をします。
 また、財産の種類により、行政財産は「行政財産使用許可」と「行政財産の貸付」に、普通財産は「普通財産の貸付」と、手続きが分かれますので、県有財産を管理している所管課又は県有財産経営室にお問い合わせください。

※ 注:使用許可・貸付については、許可を出せる条件が細かく規定されているため、詳細についてはそれぞれ「行政財産の目的外使用許可事務取扱要領 」、「行政財産を貸し付ける場合の取扱基準について」をご覧になるか、県有財産経営室又は各財産を所管している課又は振興局等にお問い合わせください。                                                                     


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください