ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県豊肥振興局農林基盤部

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月13日更新

大分県豊肥振興局農林基盤部

農林基盤部の紹介

主な業務内容及び組織

 農林基盤部の業務は、「おおいた農林水産業活力創出プラン2015」の基本方針に基づき、豊肥地域における農林業の生産性向上のための基盤整備として農業農村整備事業・林道整備事業、また農山村の安全確保のために防災減災事業・治山事業等を行っています。

 ※業務概要はこちら [PDFファイル/3.9MB]

企画検査班

 農業農村整備事業の計画立案、工事・測量設計業務完成検査、土地改良区の検査・指導・監督、用地買収補償、多面的機能支払交付金に関する事務などを行っています。

農村整備第一班・農村整備第二班

 竹田市内の農業農村整備事業を行っています。

 ※豊後大野市内担当事務所はこちら
 ※大野川上流地区担当事務所はこちら

治山林道班

 豊後大野市・竹田市内の治山林道事業を行っています。

農業農村整備事業について

〇効率的な生産基盤の整備のために
 農地や水路、農道の整備を行うことにより、農地の集積・集約化と生産コストの削減、園芸産地の確立と担い手の確保・育成、水管理の省力化と効率的な農業水利システムの構築を目指します。

〇生活基盤の整備のために
 集落道や営農飲雑用水施設、防災安全施設などの整備を行うことにより、農山村の利便性を向上させ、健康で安心して暮らせる農山村づくりに取り組みます。

〇防災対策の推進のために
 ため池等農業用施設の計画的な維持補修やハザードマップの作成による防災力の強化に取り組みます。

大分県の農業農村整備事業の説明はこちら
豊肥振興局農林基盤部の農業農村整備事業の紹介はこちら

治山林道事業について

〇戦略品目の生産力の強化のために
 低コストで安定的な木材の搬出、森林整備の推進、林業機械の導入等に必要不可欠な林道や林業専用道の整備を行っています。

〇防災対策の推進のために
 保安林を守り育てることによって、山崩れなどの山地災害から住民の生命・財産を守り、森林が持つ水源のかん養機能を高め、緑豊かな生活環境の保全・形成等を目指して治山事業を行っています。

大分県の治山林道事業の説明はこちら
豊肥振興局農林基盤部の治山林道事業の紹介はこちら


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください