ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 中央児童相談所 > 中央児童相談所 里親について

中央児童相談所 里親について

印刷用ページを表示する掲載日:2010年2月1日更新

里親制度

 親の病気・離婚等の事情で家庭での養育に欠ける児童(要保護児童)を、できる限り家庭的な温かい愛情と和やかな雰囲気の中で養育し、児童の健全な育成を図るため、要保護児童を里親家庭に委託する制度です。

 里親には、主に「養育里親(専門里親含む)」と「養子縁組希望里親」があります。

 里親希望者からの申請に基づき児童相談所が家庭調査を行い、大分県社会福祉審議会児童福祉専門分科会里親部会(年3回開催)への諮問・答申を経て、里親として認定されます。

里親制度の普及について

里親募集説明会

 里親の新規開拓のため全市町村または圏域毎に開催しています。

   ◎平成30年度里親募集説明会開催日程(後期分)はこちらから

   

普及推進の取組

  •  「グリーンコープ生活協同組合おおいた」による組合員向け情報誌「元気通信」への里親インタビューの掲載

    ・4月号  ・5月号  ・6月号  ・7月号  ・8月号  ・9月号  ・10月号

    ・11月号  ・12月号  ・1月号  ・2月号  ・3月号

  • 「セント・ルカ産婦人科」による里親制度説明及び「特別養子縁組」を結んだご夫婦による里親体験発表の実施

    ⇒里親募集説明会の様子はこちらから

里親委託推進事業

 里親推進委員会を設置し、個別ケアの有効性等の着眼点により対象児童を定め、施設から里親への措置変更を図っています。

トライアル里親事業

 施設等に入所している子どもに、一般家庭での生活を体験させるとともに、一般家庭に短期の里親体験の機会を提供しています。

里親支援事業

レスパイトケア事業

 里親の休息のため委託児童を施設や他里親宅で一時的に預かります。

里親養育支援事業(ヘルパー派遣事業)

 里親家庭の養育負担の軽減を図り、委託児童の適切な養育を確保するため、里親家庭にヘルパーを派遣します。