ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

代理申請

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月5日更新
  1. 申請は、原則として本人ですが代理申請(提出)もできます
  2. パスポートの受取は年齢に関係なく(乳幼児も)、代理受領は出来ません。必ず、名義人(申請者)が6ヶ月以内に窓口にお越しください。 
  3. 申請書に必要事項を本人が記入し、代理人に預けてください。
    ※表面の所持人自署欄、裏面の申請者署名欄「申請書類等提出委任申出書」の点線より上の欄は、 必ず申請者本人の自署が必要です。また、表面の刑罰等関係のチェックは必ず申請者本人が記入してください。
  4. 申請に必要な書類を全て預かり、持参してください。
    (申請者の身元確認書類は全て原本です。コピーは不可)
    代理人の身元確認書類も必要です(コピーは不可)。
  5. 一般旅券発給申請書及び申請案内は、各市町村旅券窓口に置いています。
  6. 査証欄増補申請書は各市町村旅券窓口に置いています。

 ※代理ができない場合                                                                                 

  1. 刑罰等関係該当者
  2. 旅券の二重発給申請
  3. 緊急発給等、早期交付申請
  4. 渡航先追加申請
  5. 代理人が、申請者について事情を把握していない場合
  6. 紛失一般旅券等届出書提出
  7. 居所申請(詳細は「居所申請」のページをご覧下さい。)                                                                                                                                                          

 ※10名以上の申請を代理でする場合は、あらかじめ申請窓口までご相談ください。


シンフロについてはここをクリックしてください