ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新時代おおいたのページ > 新時代おおいたNo.118

新時代おおいたNo.118

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月15日更新

 

新時代おおいた118号

【HTML版】
特集1 平成30年度一般会計当初予算 加速前進 おおいた創生

特集2 世界温泉地サミット大分開催!~世界に誇る温泉資源・温泉文化を発信~

OITA4.0 ~おもしろくなってきました~

第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会

おおいたの芸術や文化にふれよう 心ひらいて まず野菜、もっと野菜


 

【PDF版】新時代おおいたNo.118 [PDFファイル/6.87MB]

【電子書籍版】おおいたイーブックスのページへ(外部サイトへリンク)

特集1 平成30年度一般会計当初予算 加速前進 おおいた創生

 今年度の予算は、「復興前進」、災害からの復興と景気回復を念頭に、地方創生を強力に前進させるため、5年連続プ   ラスとなる積極予算としました。夢と希望に満ち、心豊かに暮らすことのできる大分県づくりに挑戦していきます。 

あ

 あ

あ

大分県財政のすがた(県庁内リンク)

問 財政課 097-506-2355

今年度の主な事業をピックアップして紹介します。

【安心】 健やかで心豊かに暮らせる安心の大分県

◆「子育て満足度」「健康寿命」「障がい者雇用率」の3つの日本一を実現
◆災害からの復旧・復興と防災力の強化
◆ビッグイベント開催に向けた「日本一安全な大分」の実現
◆移住・定住の促進

おおいた子育てほっとクーポン利用促進事業(8,395万円)
子育て満足度日本一の実現に向け、多子世帯の育児負担を軽減するため、「おおいた子育てほっとクーポン」の利用対象サービスを拡充するとともに、第2子以降の配布額を増額します。

あ

みんなで進める健康づくり事業(2,316万円)
健康寿命日本一の実現に向け、うま塩(減塩)プロジェクトに加え、「まず野菜、もっと野菜」プロジェクトの取組を強化するとともに、健康アプリ「おおいた歩得」の活用による運動習慣の定着を推進します。

障がい者就労環境づくり推進事業(3,857万円)                                                                                      障がい者雇用率日本一の実現に向け、障がい者雇用アドバイザーによる企業等への働きかけを強化するとともに、知的・精神障がい者を雇用して職場指導員を配置する企業に対し奨励金を支給します。

祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク推進事業(1,436万円) 
ユネスコエコパークに登録された祖母・傾・大崩地域の環境保全や自然と共生した地域振興を図るため、宮崎県などと連携し、普及啓発等を行います。

祖母

災害対応支援システム構築事業(1億4,819万円)                                                                Ict技術を活用し、災害時の道路情報や避難所情報などをわかりやすく提供する防災情報アプリの開発や罹災証明の発行などを迅速に行うためのシステム構築等を行います。

広域河川改修事業(29億2,970万円)                                                                          九州北部豪雨や台風第18号により被災した河川など、17河川において堤防のかさ上げ等の改修事業を行い河川の流下能力を確保します。

ふるさと大分Uijターン推進事業(1億2,509万円)                                                                 東京、大阪、福岡で相談会やセミナー等を開催します。特に福岡では女性をターゲットに、「おおいた移住女子サミット(仮称)」を開催し、Uijターンを促進します。

【活力】 いきいきと働き地域が輝く活力あふれる大分県

放牧

◆農林水産業の構造改革の加速
◆景気の回復と働き方改革の実現
◆ビッグイベントを捉えたツーリズムの推進                  

水田畑地化推進関連事業(1億3,412万円)
水田農業の構造改革を加速するため、水田の畑地化や高収益作物の導入などを総合的に支援します。

白ネギ

県産いちご「ベリーツ」産地・流通拡大対策事業(2,921万円) 
マーケットニーズに対応した県オリジナル新品種「ベリーツ」への品種転換を支援するとともに、県内や拠点市場での流通拡大を図ります。
ベリーツ

おおいた豊後牛流通促進対策事業(6,161万円) 
全国和牛能力共進会で日本一を獲得した「おおいた豊後牛」のさらなるブランド力向上に向け、新たなリーディングブランドの立ち上げや日本一Pr作戦を実施します。

主伐・再造林システム構築事業(1億1,704万円)                                                  主伐・再造林の低コスト化を進めるため、全木集材と再造林の一貫作業を行うモデル的林業事業体を育成するとともに、苗木の増産などに要する経費に対し助成します。

ブリ類養殖業成長産業化推進事業(1,772万円)                                                   本県水産業の主力であるブリ類養殖業の成長産業化に向けて、養殖ブリの輸出拡大やヒラマサなどとの複合経営に向けた取組を支援します。

姫島ITアイランド構想推進事業(8,030万円)                                                  離島や過疎地域等の条件不利地域において、大分県版第4次産業革命”Oita4.0”を象徴する取組を創出し、県外からの活力(IT企業・人材)の呼び込みを加速するため、姫島村をモデルに「姫島ITアイランド構想」を推進します。

姫島

ドローン産業振興事業(5,508万円)                                                                       市場の成長が期待されるドローン分野の産業集積を加速するため、研究開発や販路開拓などを支援し、西日本一のドローン産業拠点を目指します。

おおいたの産業人材確保・育成事業(9,343万円)                                                                特に人手不足感が強い観光、建設、物流産業において、技能取得・資格取得から雇用までの一貫した人材育成に取り組み、中小企業の人材確保・定着の支援を行います。

インバウンド対策関連事業(1億9,151万円)                                                       ラグビーワールドカップ大分開催などの国際的なイベントを控え、アジアに加え欧米・大洋州からの誘客促進を図るため、インバウンド対策の強化を行います。

インバウンド

【発展】 人を育み基盤を整え発展する大分県

◆「教育県大分」の創造
◆国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭等の成功とラグビーワールドカップ2019™に向けた開催準備本格化
◆広域交通ネットワークの整備など九州の東の玄関口としての拠点化推進

高等学校学力向上推進事業(835万円)                                                          33年度の大学入学者選抜実施要項の見直しを見据え、授業改善を推進するとともに、小・中・高を通じた一体的な指導体制を確立し、児童生徒の学力向上を図ります。

私立高等学校授業料減免補助事業(1億2,674万円)                                                               国の就学支援金の給付後も授業料負担の残る私立高校生の保護者の経済的負担を軽減するため、授業料実質無償化世帯の拡充を行います。

国民文化祭開催事業及び全国障害者芸術・文化祭開催事業(9億484万円)                                          次代の芸術文化を担う人材や、地域力を育成します。また、「文化」「観光」「地域振興」を合わせた「カルチャーツーリズム」の推進や障がい者の社会参加の促進に取り組み、国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭を成功させます。

国文祭

ラグビーワールドカップ開催準備事業(3億9,386万円) 
ラグビーワールドカップ2019大分開催成功に向け、広報活動やボランティアの募集、大分銀行ドームの設備整備などを行います。

RWC

九州の東の玄関口としての拠点化推進事業(2億1,119万円)                                      九州の東の玄関口にふさわしい人流・物流拠点の強化に向け、港湾計画の変更を検討するとともに、大分空港へのアクセス改善や竹田津港上屋の再整備などを行います。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください