ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > おおいた職業訓練のひろば ~ハロートレーニング 急がば学べ~ > 障がい者委託訓練「就労訓練科」の受講者及び受託企業の募集について

障がい者委託訓練「就労訓練科」の受講者及び受託企業の募集について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年8月3日更新

 県では、企業で就労するための実践的な職業能力を身につけたいとお考えの障がいのある方を対象に、企業で実際の業務を行う障がい者委託訓練「就労訓練科」を実施しています。

オススメのポイント

☆企業に能力を認められれば、訓練終了後、その企業に就職するチャンスがあります

☆障害者職業訓練コーディネーターが、訓練生と企業の間の調整や訓練中のフォローアップを行います

訓練内容等
項目説明
対象身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、その他の障がいのある方
訓練期間原則1ヶ月~3ヶ月
訓練時間標準月100時間(最低60時間)※1日3時間程度の訓練から可能です。
精神障がい者については、期間を最大6ヶ月まで延長し、より短時間の訓練から始めることも可能です。
訓練場所企業
訓練内容実際の業務

 訓練受講を希望される方は、最寄りの職業能力開発校へお問い合わせください。
職業能力開発校
職業能力開発校名所在地電話番号
大分高等技術専門校大分市大字下宗方1035-1097-542-3411
佐伯高等技術専門校佐伯市西浜8-310972-22-0767
日田高等技術専門校日田市朝日ヶ丘576-100973ー22-0789
竹工芸訓練センター(別府)別府市東荘園3-30977-23-3609

※あわせて、訓練を受け入れていただける企業も募集しています。お申し込みは各職業能力開発校へお願いします。

メリット

☆現場での訓練を通じて、障がい者の特性や能力を見極めることができ、障がい者雇用率のアップにつながる可能性があります。

☆この訓練を受託した事業主には、訓練生1人あたり月額 64,800円(税込)を上限として訓練委託料が支払われます。(訓練を受託された事業主が中小企業の場合、月額97,200円(税込)を上限として訓練委託料が支払われます。)


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください