ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県木造住宅等耐震化促進事業

印刷用ページを表示する掲載日:2015年3月23日更新

大分県木造住宅等耐震化促進事業

平成20年度より木造住宅の耐震改修工事をする方への補助をスタートしました。

また、平成18年度より木造住宅の耐震診断を受ける方への補助を行っています。

※概要はこちら→補助の概要 [PDFファイル/2.33MB](チラシへリンク)

(特定建築物の耐震化については、左記メニューからリンク先をご覧ください。)

耐震診断

補助の対象となる住宅

昭和56年5月31日以前に着工(※1)された2階以下の木造の一戸建て住宅
(店舗等の用途を兼ねるもののうち店舗等の部分の床面積が、全体の二分の一未満のものを含む)

※1 昭和56年5月31日以前に交付された確認通知書
    昭和57年1月1日に存在が確認することのできる不動産登記簿・固定資産課税 台帳・ 納税通知書 により確認

補助金額

住宅の所有者が、受講登録者に委託して行う耐震診断費用の額の三分の二の額
(上限3万円)

耐震改修(診断後の補強設計(工事監理含む)と耐震改修工事が補助対象です)

補助の対象となる住宅

昭和56年5月31日以前に着工(※1)された2階以下の木造の一戸建て住宅(店舗等の用途を兼ねるもののうち店舗等の部分の床面積が、全体の二分の一未満のものを含む)で、耐震診断の結果、評点が1.0未満のものに耐震改修工事を行うもの

A 全体改修

  昭和56年5月31日以前に着工(※1)された2階以下の木造住宅(店舗等の用途を兼ねるもののうち店舗等の

  部分の床面積が、全体の1/2未満のものを含む)で、耐震診断の結果、評点が1.0未満のものに耐震改修工

  事を行うもの

    ☆補助金額:最高80万円(補助率2/3) 補助対象住宅の耐震改修工事に要した費用の額に対して

      ※「一応倒壊しない」というレベル以上まで補強した場合の補助額です。

  ◇さらに!

    所得税の控除が10%(25万円上限)受けられます。

B 部分改修(新メニュー!)

◇建物の古さや費用等によりこれまでの制度では耐震改修できなかった世帯のために新たに設けた補助メニューです。

 (1)段階的改修

   昭和56年5月31日以前に着工(※1)された2階以下の木造住宅(店舗等の用途を兼ねるもののうち

  店舗等の部分の床面積が、全体の1/2未満のものを含む)で、耐震診断の結果、評点が0.7未満のもの

  に耐震補強設  計により、評点を0.7以上1.0未満とするために行う耐震改修工事を行うもの

    ☆補助金額:最高60万円(補助率2/3) 補助対象住宅の耐震改修工事に要した費用の額に対して

      ※補強により一定以上の耐震性が確保できる場合に第一段階として補助するものです。

        注)一部の市町村では補助制度がない場合があります。

 (2)シェルター設置型改修

   昭和56年5月31日以前に着工(※1)された2階以下の木造住宅(店舗等の用途を兼ねるもののうち

  店舗等の部分の床面積が、全体の1/2未満のものを含む)で、耐震診断の結果、1階部分の評点が0.7

  未満のものに1階の1室の内部に強固な室(4.0平方メートル以上)を設けるための工事を行うもの

    ☆補助金額:最高30万円(補助率2/3) 補助対象住宅に強固な室の設置に要した費用の額に対して

      ※1 住宅が倒壊しても最小限の生存空間の確保を目的に、寝室などに丈夫な箱「シェルター」を設置す

         る場合に補助するものです。

           注)一部の市町村では補助制度がない場合があります。

      ※2 補助対象の「シェルター」については平成29年4月20日から製造者等からの申請を受け

         付け、5月中旬に選定結果を公表する予定です

          (耐震シェルターの認定についての製造者等からのお問合せ先)
              大分県建築士事務所協会 電話097-537-7600  

  ◇さらに!

     所得税の控除が10%(25万円上限)受けられます。 

     ◎木造住宅など耐震化についての総合的なお問合せ先
                 大分県建築住宅課 電話097-506-4679

本事業における 耐震診断 とは・・・

  大分県木造建築耐震診断士(※1)が、(財)日本防災協会が定める「一般診断法」または「精密診断法」

   により行う診断

  ※1  知事が登録した建築士事務所に所属する建築士で、知事の指定する耐震診断講習を受講し、

      大分県に登録した者

  ※2 施工業者については資格不問

本事業における 耐震改修 とは・・・

 耐震改修工事を行った後に、(財)日本防災協会が定める「一般診断法」または「精密診断法」により行う

   診断の評点が1.0以上となるもの(全体改修)及び0.7以上1.0未満となるものまたは「シェルター」を

   設置したもの(部分改修)

 なお、本工事を行うための耐震補強計画は、 大分県木造建築耐震診断士(※1)が作成したものに限る。

大分県木造住宅耐震化促進事業補助要件を満たす設計者・施工者

        mokutaiyouken

大分県木造住宅耐震化促進事業 市町村窓口一覧

市町村名

担当課

電話番号

事業実施状況

診断

全体改修

大分市

開発建築指導課

097-534-6111

別府市

建築指導課

0977-21-1487

中津市

建築指導課

0979-22-1111

日田市

建築指導課

0973-22-8226

佐伯市

建築住宅課

0972-22-3574

臼杵市

都市デザイン課

0972-63-1111

津久見市

都市建設課

0972-82-9515

竹田市

総務課

0974-63-1111

豊後高田市

建設課

0978-22-3100

杵築市

建設課住宅建築係

0978-62-3131

宇佐市

建築課指導審査係

0978-32-1111

豊後大野市

建設課

0974-22-1001

由布市

建設課

097-583-1111

国東市

建設課

0978-72-1111

姫島村

建設課

0978-87-2111

日出町

都市建設課

0977-73-3172

九重町

建設課

0973-76-3811

玖珠町

建設課

0973-72-7163


シンフロについてはここをクリックしてください