ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 障害福祉課 > カード型障害者手帳の交付を開始します

カード型障害者手帳の交付を開始します

印刷用ページを表示する掲載日:2020年9月14日更新

 障害者手帳は、これまで紙型のみとされていましたが、平成31年4月の身体障害者福祉法施行規則等の法改正により、利用者がカード型障害者手帳を希望する場合、自治体の判断で交付することができるようになりました。

 これを受け、大分県では、障がいのある方の社会参加等を推進するため、全国に先駆けて、令和2年9月23日(水曜日)からお住まいの市町村で、カード型障害者手帳の交付申請(新規、更新、再交付)受付を開始します。

 なお、本人へのカード型障害者手帳交付は10月から開始予定です。

(注)障害者手帳は、紙型かカード型かどちらか一方しか所持できません。

.

1 交付対象者

障害者手帳を

 (1)すでに手帳をお持ちの方 ※数値は令和2年3月末時点 

    ・身体障害者手帳(60,859人 うち大分市21,387人)

    ・療育手帳(10,897人)

    ・精神障害者保健福祉手帳(11,313人)

 (2)新規で交付申請される方(令和2年9月23日(水曜日)以降)

2 カード型障害者手帳の特徴

・運転免許証や保険証と同じ大きさ

・汚れや破れなどで傷むことが少ない

・財布に入るので、持ち運びに便利

・提示しやすい

・障害者手帳と判別できるよう、右上に切込みあり

・顔写真は白黒印刷

・ICチップ等は搭載されておりません。

3 その他

・大分市が交付する身体障害者手帳についても、県と同様にカード型手帳の交付申請受付を9月23日(水曜日)から開始します。

4 参考ホームページ等

(1)身体障害者手帳について 身体障害者更生相談所

(2)療育手帳について(18歳以上) 知的障害者更生相談所

   療育手帳について(18歳未満) 中央児童相談所 ・ 中津児童相談所

(3)精神障害者保健福祉手帳について 精神保健福祉センター

5 申請及び問い合せ先

お住まいの市町村障がい福祉担当窓口

市町村障がい福祉担当窓口

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください