ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 畜産振興課 > CSF(豚コレラ)の発生について

CSF(豚コレラ)の発生について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月12日更新

岐阜県でCSF(豚コレラ)が発生

 平成30年9月9日、岐阜県の養豚農場において、日本では平成4年以来26年ぶりにCSFの発生が確認されました。本病は、豚やイノシシに感染する病気であり、強い伝播力と高い致死率が特徴で、口蹄疫と同様に家畜衛生対策が重要となる家畜伝染病です。
 なお、本疾病は中国において続発しているASF(アフリカ豚コレラ)とは別の疾病になります。
 正確な情報に基づいて、冷静に対応していただきますようお願いします。


※令和元年10月末時点でに1府7県で発生しています。 

CSF(豚コレラ)の特徴

 ○ CSFは豚やイノシシに感染するウイルス性感染症で伝播力が強く、致死率が高く、感染豚や汚染物品等との接触等で感染が拡大します。
 ○ 有効な治療法はなく、日本では口蹄疫と同様に特定家畜伝染病に指定されています。
 ○ 毎年、全国で清浄性維持確認のモニタリング検査を実施しています。
 ○ CSFは、豚・イノシシの病気であり人には感染しません。

CSF(豚コレラ)の予防対策の重要ポイント

  ○ 衛生管理区域、豚舎への出入りの際の洗浄・消毒の徹底
  ○ 衛生管理区域専用の衣服、靴の設置と使用の徹底
  ○ 人・物の出入りの記録
  ○ 飼料に肉を含み、または含む可能性があるときは、あらかじめ70℃・30分間以上または80℃・3分間以上の加熱処理を徹底
  ○ 死亡家畜の処理までの間、野生動物に荒らされないよう適切に保管

CSF(豚コレラ)に有効な消毒薬

  ○ 逆性石けん(界面活性剤)等の通常使用している消毒薬で効果があります。
  ○ 用法用量に従い、適正な希釈倍率で使用して下さい。
  ○ 消毒薬が汚れたり、古くならないように随時交換して下さい。

CSF(豚コレラ)の発生対応・調査状況

  (1) 豚コレラの発生対応の概要について

 豚コレラ発生概要

 発生概要 [PDFファイル] 

                                                     ※農林水産省HPより抜粋

 (2) 豚コレラ感染野生いのししの発見状況について

野生いのしし

 発生概要 [PDFファイル] 

                                                       ※農林水産省HPより抜粋

消費者の方へ

  • CSFは、豚、いのししの病気であり、人に感染することはありません。
  • 豚肉の摂取により、CSFが人に感染することは世界的に報告されていません。
  • 食品安全委員会の意見についてはこちら〔外部リンク〕

CSFに関するQ&A

Q.CSFとはどのような病気ですか?

A.CSFはCSFウイルスが豚やイノシシに感染することで起こる病気です。

  伝染力が強く、家畜伝染病に指定されています。

  CSFに感染した豚が発生した農場では、飼養されている豚等を対象に防疫措置を行います。

Q.CSFにかかった豚の肉は、市場に流通しますか?

A.法律に基づき、豚肉はすべて検査に合格したものだけが流通することとなっています。

  検査でCSFであると確認された肉や内臓などについては、市場に流通することはありません。

CSFに関する更に詳しいQ&A [PDFファイル]

人に感染しない

関連リンク


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください