ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大分県雨量・水位情報土砂災害危険度情報避難者情報に関するサイン災害時のサイレン音県民安全・安心メール防災アドバイザー派遣します
トップページ > 平成 24 年7月九州北部豪雨等について > 大分県災害被災者住宅再建支援制度について

大分県災害被災者住宅再建支援制度について

印刷用ページを表示する掲載日:2012年7月5日更新

大分県では、県内で住宅が全壊、半壊または床上浸水が発生した場合に被災者の方を支援する「大分県災害被災者住宅再建支援制度」があります。

※ただし、被災者生活再建支援法(平成10年法律第66号)による支援を受けることが可能である場合は支援対象となりません。

  被災者生活再建支援法による支援については、こちらのページをご覧ください。

   財団法人都道府県会館 被災者生活再建支援事業のページ

   内閣府 被災者生活再建支援法のページ 

1 目的

  (1)被災住民の早期生活再建
  (2)地域コミュニティの崩壊防止による地域の継続発展

2 適用災害

県内で、自然災害(暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火等)により、住宅が全壊、半壊、床上浸水の被害が発生した全ての災害

3 支援対象者 

上記適用災害に該当世帯のうち、同一市町村内に引き続き居住する世帯の世帯主

※県内で住宅が全壊、半壊または床上浸水が発生した場合は1世帯から支援対象となります
※ただし、被災者生活再建支援法(平成10年法律第66号)による支援を受けることが可能である場合は支援対象となりません。

4 支援内容(支給金額)

  住宅の被害程度、再建方法等に応じて、最高300万円の支援金が支給されます。

 基礎支給支援金加算支給支援金合計額
全壊1000再建・購入20003000
補修10002000
賃借5001500
半壊500再建・購入・補修8001300
賃借5001000
床上浸水50--50
--
(単位:千円)

 ※上記票は複数世帯における支援額。単数世帯(1人暮らしの世帯)における支援額は、複数世帯の支援額の3/4となります

5 申請窓口

※具体的な手続きについてはお住まいの市町村にご確認ください。