ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生活支援

印刷用ページを表示する掲載日:2011年7月22日更新

 児童の生活のよりどころは家庭(寮)であるとの考えから、3つの寮舎(男子寮2、女子寮1)に分かれて居住し、児童と共に生活することを通して、生活習慣や人間関係づくりを体得させ、心身の健全化を図っています。
ア 支援目標
 児童一人ひとりの存在を大切にし、子どもの主体的な活動を育てるとともに、愛情に満ちた一貫性のある支援を行います。
イ 支援内容
・児童個々について特性、能力等を考慮し、明確な個別支援方針を立て、適切な支援を行います。
・入園児童の人権を尊重し、苦情処理解決への取り組みとして、外部相談員による「スマイル相談」(月1回開催)を実施します。
・被虐待児童など専門的なケアを要する子どもに対し、医療機関等との連携を図りながら支援を行います。
・児童の家庭状況を常に把握し、家庭との連携を十分に図るとともに、一時帰省や一時帰宅などを活用して支援を行います。

 寮の写真
      由布寮            鶴見寮             高崎寮

 児童はそれぞれの寮舎で、寮スタッフと共に、毎日生活を送っています。
 寮委員長(児童)を中心に各寮生が協力をして日々の活動に取り組んでいます。
 (季節の作物を育てたり、寮の周りの環境整備をしたり、レクレーションを行っています。)


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください