ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > おおいたの労働 > 公益事業に関する争議行為の予告

公益事業に関する争議行為の予告

印刷用ページを表示する掲載日:2019年10月18日更新

争議行為の予告とは

 公益事業(注1)において、労働組合または企業がストライキや事業所閉鎖などの争議行為を行う場合は、労働関係調整法第37条に基づき、労働委員会及び厚生労働大臣または都道府県知事(注2)に争議行為予告を通知しなければなりません。

 また、争議行為予告を受けた厚生労働大臣または都道府県知事は、争議行為予告を公表しなければなりません。

注1 労働関係調整法における公益事業とは、以下の事業のことをいいます。

  1. 運輸事業
  2. 郵便、信書便または電気通信の事業
  3. 水道、電気またはガスの供給の事業
  4. 医療または公衆衛生の事業

注2 争議行為が、複数の都道府県にまたがって行われる場合は中央労働委員会及び厚生労働大臣に対して、一つの都道府県のみで行われる場合は都道府県労働委員会及び都道府県知事に対して、争議行為予告を行わなければなりません。

※ 争議行為予告は、あくまで予告であり、争議行為が行われない場合もあります。

 

※ 平成28年4月から、争議行為予告の県報での掲載を行わないこととしました。

争議行為予告の制度について(中央労働委員会ホームページ)

争議行為の予告の公表(大分県公表分)

 令和元年度

大分県医療・福祉労働組合連合会(令和元年10月18日付け予告) [PDFファイル/50KB]

 平成30年度

大分県医療・福祉労働組合連合会(平成31年2月28日付け予告) [PDFファイル/50KB]

大分県医療・福祉労働組合連合会(平成30年10月18日付け予告) [PDFファイル/48KB]

 平成29年度

大分県医療・福祉労働組合連合会(平成30年3月1日付け予告) [PDFファイル/47KB]

大分県医療・福祉労働組合連合会(平成29年10月26日付け予告) [PDFファイル/48KB] 

 平成28年度

大分県医療・福祉労働組合連合会(平成29年3月1日付け予告) [PDFファイル/47KB]

大分県医療・福祉労働組合連合会(平成28年10月24日付け予告) [PDFファイル/49KB]

厚生労働省公表分

厚生労働省HP「公益事業に関する争議行為の予告」をご覧下さい。(外部サイトへリンク)

争議行為予告を行うとき(労働組合・使用者向け)

大分県内の事業所で争議行為を行う可能性がある場合、予告の宛先は次のとおりです。

  • 大分県内の事業所だけで争議行為を行う場合は、大分県知事及び大分県労働委員会
  • 大分県外の事業所でも争議行為を行う可能性がある場合は、厚生労働大臣及び中央労働委員会

 大分県外の事業所でも争議行為を行う可能性がある場合、大分県知事及び大分県労働委員会を経由して予告を行うこともできます。

 また、争議行為の予告は、予告先に届いた日と争議行為を開始する日を除いて、10日以上前に行わなければなりません。

例:争議行為を開始する日が4月1日の場合、3月21日より前に予告先に届かなければなりません。

 公益事業に携わる労働組合または使用者が、大分県内で争議行為を行う可能性がある場合は、雇用労働政策課または大分県労働委員会事務局に御一報下さい。

 


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください