ページの先頭です。
トップページ > 他産業からの農業参入~大分県で農業に挑戦しませんか > 農業参入にあたっての総合支援

農業参入にあたっての総合支援

印刷用ページを表示する 更新日:2013年7月25日更新

参入相談

 大分県は豊かな自然に恵まれており、新鮮で豊富な農産物を産出しています。また日本産の安心安全な食料や加工品は、今後アジアを中心としてニーズが高く、多くの企業の皆さんから大分での農業に期待が寄せられています。                    

 大分県では、ワンストップでプラン作成から支援していますので、まずは御相談ください。

参入プランの声

 どこで、どんな作物を、将来どのような農業経営を行うかなど、目指す農業の姿をしっかりと描くことが必要です。                                  

  大分県では、参入プランの作成をバックアップします。

 (1)参入品目 (2)販売方法 (3)栽培技術 (4)事業・資金繰り計画 (5)参入地域との調整 など

農業技術の習得

 農業は自然を相手にした営みです。経験豊かな農家でも、自然災害や栽培管理上の思わぬ事故などで大きな損害を受けることがあります。

   大分県では、農業技術習得のための研修制度を準備しています。

農地の確保

   「農地」は、優良な農地の確保や効率的な利用のため、農地法によりその取得、権利移動などついて制約がありますが、現在では、規制緩和により様々な形態での農業参入が可能となっています。 
 
   大分県では、参入企業のニーズに応じて、農地をオーダーメイド方式で集約・斡旋いたします。
農地の確保

施設等の整備

 農業生産を始めるためには、施設、機械などの設備投資が必要となります。

   大分県では、国庫事業、制度融資、九州トップクラスの補助事業などの独自の支援制度も含めて農業参入を支援します。

   なお、補助、融資ともに参入品目・地域・形態等によっては、利用できない場合があります。

ハウス

農業経営の開始

 参入までには、事業計画作成、法人登記、雇用の確保、担保・保証人対応など自社(自己)責任で行う案件が数多くあります。

   大分県では、農業普及指導員200名をはじめとするスタッフが、栽培技術指導など農業経営確立をバックアップいたします。

営農状況


前のページに戻る このページの先頭へ