ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大分県の選挙

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月26日更新

大分県の選挙

 選挙制度

 投票制度について

 選挙人の利便性を高め、投票率を向上させるために、選挙をめぐる制度は順次改正されています。公職の選挙においては、選挙人が投票日に投票所で投票することを原則としていますが、投票日当日、仕事や用事などの理由により、投票することができないと見込まれる選挙人のために、投票日の前でも投票できるように不在者投票制度・期日前投票制度などが設けられています。
項  目内        容
不在者投票仕事や旅行などで、選挙期間中、名簿登録地以外の市区町村に滞在している方は、滞在先の市区町村の選挙管理委員会で不在者投票ができます。また、指定病院等に入院等している方などは、その施設内で不在者投票ができます。詳しくは、名簿登録地の市町村選挙管理委員会へお尋ねください。
期日前投票選挙期日に仕事や旅行、レジャー、冠婚葬祭等の用務があるなど一定の事由に該当すると見込まれる方が、選挙人名簿登録地の市区町村で行う投票が対象となります。 選挙の告示日の翌日から選挙の期日の前日まで投票ができます。
郵便等による不在者投票身体に重い障害等があって投票に行けない方が郵便等で投票できる制度です。
在外投票3ヶ月以上海外に住んでいる方は、国政選挙で投票することができます。
国外における不在者投票特定国外派遣組織に属する方は海外で活動中でも、日本の選挙に投票することができます。
洋上投票船員の方は、国政選挙において国外を航行する指定船舶内においてファクシミリにより投票を行うことができます。

  

市町村選挙管理委員会へのリンク

 市町村選挙管理委員会の連絡先をご案内しています。

 

Youtube運用ポリシー

  大分県選挙管理委員会Youtubeページを通じて情報発信するにあたり、利用者の皆さまに誤解や混乱が生じないよう当ページの運用ポリシーを定めます。内容をご確認いただき、同意の上、ご利用ください。 

  大分県選挙管理委員会Youtube運用ポリシー [PDFファイル/83KB]


シンフロについてはここをクリックしてください