ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 玉来ダム建設事務所 > 玉来ダム建設工事 進捗状況について(令和2年4月)

本文

玉来ダム建設工事 進捗状況について(令和2年4月)

印刷ページの表示 ページ番号:0002092219 更新日:2020年4月8日更新

令和2年4月

玉来ダムでは、引き続きコンクリート打設作業を行っております。
2門の常用洪水吐の放流管(ライニング)周りの打設や、減勢工の打設が進んで、
ダムは日々姿を変えております。
ダム周辺の山々にも、ポツポツと薄紅色の山桜が見られますが、ダムへと向かう宮城地域は、
岡城址と並び市内でも、桜の名所となっており休日ともなると、市内外からの観光客の方で賑わっています。

1.ダムサイト全景(下流より)

玉来ダム ダム 建設 工事 建設中ダム 九州

2.ダムサイト近景(下流より)

玉来ダム ダム 建設 工事 建設中ダム 九州

3.ダムサイト左岸(右岸より)

玉来ダム ダム 建設 工事 建設中ダム 九州 

4.ダムサイト右岸(左岸より)

玉来ダム ダム 建設 工事 建設中ダム 九州

令和2年4月2日撮影

写真撮影

5. 周辺情報

玉来ダム、稲葉ダムの周辺地域には、17本のしだれ桜があり
3月下旬には「宮城の里 しだれ桜まつり」が、例年開催されます。
(2020年は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました)
その桜の中の1本は、先の戦争で亡くなった兄弟の墓を見守るように植えられ
今は「墓守桜」と呼ばれ大切にされ、多くの方に親しまれております。

                            桜 墓守桜 宮城地区 竹田市
                                                          【墓守桜 R2.4.3撮影】