ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 玉来ダム建設事務所 > 玉来ダム建設工事 進捗状況について(令和3年1月)

本文

玉来ダム建設工事 進捗状況について(令和3年1月)

印刷ページの表示 ページ番号:0002117696 更新日:2021年1月19日更新

令和3年1月

 新しい年を迎え、工事現場周辺の寒さも例年よりいちだんと厳しくなっております。
 玉来ダムでは、引き続きコンクリ-ト打設を進めると共に、貯水池の※グラウチングの施工を行っています。
本年も工事の安全と周辺環境に一層配慮し、早期完成に向けて事業を進めていきます。

※グラウチングとは、ダム上流部の止水対策として、岩盤内の割れ目にカーテン状にセメントミルクを注入するもの。

1.ダムサイト全景(下流より)

2.ダムサイト近景(下流より)

3.ダムサイト左岸(右岸より)

4.ダムサイト右岸(左岸より)

玉来ダム ダム 建設 工事 建設中ダム 流水型ダム 大分県 九州
     拡大画像 [その他のファイル/655KB]
                              令和3年1月5日撮影

                                                        写真撮影

5. 周辺情報

 竹田駅から稲葉川沿いに下流に向けて歩き、豊岡橋を過ぎてしばらく行くと、「龍泉山英雄護国禅寺」があります。
 この寺は、二代藩主中川久盛が、母である虎姫の遺命により、祖父、佐久間玄蕃盛政の供養のために創建しました。
 寺院内には、豊臣秀吉の側室、淀君が守り本尊としていたと言われる「一休宗純禅師開眼の地蔵菩薩像」が安置されており。虎姫が久盛の誕生の時に、安産祈願をしたことから、以後ここは、歴代藩主の安産祈願所となり、現在は各地より「子授け祈願」「安産祈願」「水子供養」などに訪れる人が多くいます。
 昨年は新型コロナのため、中止となりましたが、この寺では「ぼたん祭り」が、毎年4月20日に開催されます。この牡丹の花は、初代藩主秀成が慶長の役に出兵し、亡くなった兄や、兵士の追悼のために持ち帰り、境内に植えられたものと伝えられています。「朝鮮ぼたん」の名で親しまれ、花の時期には、訪れた多くの人の心を癒やしています。


                 英雄寺 竹田市 大分県

                          
【龍泉山英雄禅寺 令和3年1月13日撮影】 

         参考資料:  竹田の寺    発行:岡の里事業実行委員会 
                竹田の神社仏閣門めぐり 発行:竹田市商工観光課
                虎姫 岡城への想ひ   発行:竹田市観光ツーリズム協会