ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 玉来ダム建設事務所 > 玉来ダム建設工事 進捗状況について(令和3年6月)

本文

玉来ダム建設工事 進捗状況について(令和3年6月)

印刷ページの表示 ページ番号:0002128671 更新日:2021年6月10日更新

令和3年6月

 梅雨を迎え、ダム周囲の山々の緑は深みを増してくる季節になりました。
 玉来ダムでは、コンクリ-ト打設の終盤となりました。あわせて、貯水池のグラウチング※1の施工を
行っています。現在のコンクリート打設状況は、5月末時点で約95%となっています。
 引き続き工事の安全と周辺環境に、より一層配慮し、早期完成に向けて事業を進めていきます。
※1グラウチングとは、 ダム上流部の止水対策として、岩盤内の割れ目にカーテン状にセメントミルクを注入するもの。

1.ダムサイト全景(下流より)

2.ダムサイト近景(下流より)

3.ダムサイト左岸(右岸より)

4.ダムサイト右岸(左岸より)

玉来ダム ダム 建設 工事 建設中ダム 流水型ダム 造成アバットメント 大分県 九州
拡大画像 [その他のファイル/837KB]
                              令和3年6月1日撮影

                                                        写真撮影

5. 周辺情報

 玉来ダム建設現場から下流にある君ヶ園地区では、現在蛍が乱舞しています。
君ヶ園地区を流れる滝水川と玉来川の周辺沿いでは、午後8時頃になると、ふわふわと蛍が草むらから飛び始め、初夏の幻想的な風景を楽しむことが出来るため、
小さな子供を連れた家族連れの方々などが、夕涼みを兼ねて蛍観賞をされていました。
 この玉来地区にある、竹田南部小学校では、国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局別府重度障害者センターとの「蛍送り」と呼ばれる交流会を長く続けています。
 昭和57年には、長年にわたる別府重度障害者センターへの蛍送りに対し、厚生労働大臣より表彰を受けた事もあるとのことです。
2020年、2021年度は残念ながら、コロナの影響で中止となりましたが、生徒達が地域で集めた蛍や、全校児童の作ったプレゼントなどを送る交流会は、54回続けられています。
一晩センター内で入所者の方々の目を楽しませた蛍は、保護の観点から翌日には、再びこの川へと放され翌年もまた、多くの方々の目を楽しませています。

 

                     蛍

                      令和3年6月7日撮影  (2019年の蛍送りの様子)