ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「「県立精神科基本構想」の知事への報告」

本文

知事通信「「県立精神科基本構想」の知事への報告」

印刷ページの表示 ページ番号:0001029168 更新日:2016年3月30日更新

平成28年3月29日

 県は、精神科救急及び身体合併症治療に24時間365日対応可能な県立精神科病院の設置に向けた基本構想を策定するにあたり、必要な意見を聴くため、昨年10月に県立精神科基本構想検討委員会を設立しました。このたび、同委員会の寺尾委員長(大分大学医学部精神神経医学講座教授)ら5名が県庁を訪れ、知事に「県立精神科基本構想」を取りまとめた報告書を提出しました。

 寺尾委員長は「平成32年度中には患者を受け入れられるように目指す」と述べ、知事は「課題が多い中、基本構想をつくって頂いたことに心から御礼申し上げます。これからは構想にのっとり、迷うことなく県立精神科病院の設置を進めていきたい」と感謝を伝えました。

「県立精神科基本構想」の知事への報告1 「県立精神科基本構想」の知事への報告2


年月で探す