ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「日田梨(豊里)の知事贈呈」

本文

知事通信「日田梨(豊里)の知事贈呈」

印刷ページの表示 ページ番号:0001048697 更新日:2016年12月2日更新

平成28年12月1日

 JAおおいた日田梨部会では新品種「豊里(ほうり)※」の栽培に取り組み、今年で10年目の出荷を迎えました。県内最大の梨産地である日田市の生産者が県庁を訪れ、今年も11月19日から出荷の始まった「豊里」を知事に贈呈しました。

 JAおおいた日田梨部会の梶原会長は「今年は夏の猛暑の影響を受け、他の品種は出荷量が減少したのですが、「豊里」に関しては影響が良い方に出て、例年より糖度が高く仕上がりました」と報告し、知事に「豊里梨」を贈呈しました。梨を試食した知事は、「甘みと爽やかな酸味が美味しい。日田の梨は、県の農業の構造改革の模範です。今後もますますのご発展を祈念いたします」と挨拶しました。

 ※クリスマス贈答用にとの期待を込め、「ホーリーナイト(聖夜)」にかけて「豊里」と名付けられました。

日田梨(豊里)の知事贈呈1 日田梨(豊里)の知事贈呈2


年月で探す