ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「優勝報告及び大分県賞詞授与式」

知事通信「優勝報告及び大分県賞詞授与式」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月27日更新

平成29年4月26日

 2016(第38回)日本シニアゴルフ選手権競技で優勝したエスティケイテクノロジー株式会社の榎隆則選手と、平成28年度全国高等学校選抜自転車競技大会、男子24kmポイント・レースで優勝した大分県立日出総合高等学校3年の小林右京選手が県賞詞を受賞し、県庁で授与式が行われました。

 また、授与式の前には第41回全国高等学校選抜フェンシング大会、学校対抗男子フルーレで優勝した大分県立別府翔青高等学校フェンシング部も加わり、優勝報告が行われました。

 知事は「平素より熱心に練習に励まれた成果だと思います。また関係者の皆さまにも敬意を表します。今後も鍛錬を重ね、さらにレベルアップされることを心からお祈り申し上げます」と激励の言葉を送ると、受賞者を代表してエスティケイテクノロジー株式会社の榎選手が「名誉ある賞をいただきありがとうございます。今後はこの賞に恥じることがないよう、さらなる精進に励みます」と挨拶しました。

優勝報告及び大分県賞詞授与式1 優勝報告及び大分県賞詞授与式2


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください