ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「ラグビーワールドカップ2019 試合日程発表 パブリックビューイング」

知事通信「ラグビーワールドカップ2019 試合日程発表 パブリックビューイング」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月6日更新

平成29年11月2日

 ラグビーワールドカップ2019の試合日程発表のパブリックビューイングを、大分市のガレリア竹町ドーム広場で開催し、広瀬勝貞知事や大分、別府両市長、県内の大学・高校ラグビー部員ら約300人が集合しました。

 大分銀行ドームでの試合は1次リーグのニュージーランド‐敗者復活予選勝者(10月2日)、オーストラリア‐アメリカ地区予選2(同5日)、ウェールズ‐フィジー(同9日)の3試合と準々決勝2試合(同19日・プールC1位‐プールD2位、同20日・プールD1位‐プールC2位)に決まり、準々決勝2試合の大分開催が発表されると、ひときわ大きな歓声が涌きました。

 知事は「世界ランキングで上位のチームの試合が大分で見られるのは、県民がW杯を盛り上げてくれた結果です」と述べました。

 ラグビーワールドカップ2019 試合日程発表 パブリックビューイング1 ラグビーワールドカップ2019 試合日程発表 パブリックビューイング2

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください