ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「大分県と大塚製薬株式会社との包括連携協定締結式」

知事通信「大分県と大塚製薬株式会社との包括連携協定締結式」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月8日更新

平成29年11月7日

 大分県と大塚製薬株式会社(本社:東京都千代田区)は、相互連携及び協働することにより、地域の諸課題に迅速かつ適切に対応し、県民の福祉の向上と健康的な生活の実現及び県民サービスの向上を図ることを目的とし、包括連携協定を締結することとなりました。締結式に参加するため、大塚製薬株式会社の山崎正三常務執行役員(「崎」はたつさき)と、同社福岡支店の後藤寛雄支店長ら3名が県庁を訪れました。

 後藤支店長は「トータルヘルスケアカンパニーとして、この協定をもとに今後も県民の健康を守っていきます」と挨拶しました。知事は「この協定をきっかけに、さらに大塚製薬株式会社と大分県との関係が深まること期待しています」と述べました。

大分県と大塚製薬株式会社との包括連携協定締結式1 大分県と大塚製薬株式会社との包括連携協定締結式2

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください