ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「オリジナルフレーム切手「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」贈呈式」

知事通信「オリジナルフレーム切手「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」贈呈式」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年12月1日更新

平成29年11月30日

 日本郵便株式会社九州支社(熊本県熊本市中央区)が「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の成功を祈念して、オリジナルフレーム切手の販売を開始します。
 同社の金子道夫支社長と関係者らが、このオリジナルフレーム切手を贈呈するため、県庁を訪れました。

 大分西部地区連絡会の伊藤地区統括局長は、「県のマスコットキャラクター「めじろん」が茶道や生け花など様々な文化活動に取り組む様子が描かれた愛される図案になりました」と述べました。知事は「この切手をとおして、県内外に国民文化祭をPRできることを期待しています」と挨拶しました。

オリジナルフレーム切手「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」贈呈式1 オリジナルフレーム切手「第33回国民文化祭・おおいた2018 第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」贈呈式2

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください