ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 知事通信 > 知事通信「サッポロ生ビール黒ラベル「おんせん県おおいた」中びん発売に係る知事への報告会」

本文

知事通信「サッポロ生ビール黒ラベル「おんせん県おおいた」中びん発売に係る知事への報告会」

印刷ページの表示 ページ番号:0002022759 更新日:2018年3月29日更新

平成30年3月28日

 サッポロビール株式会社では、県外観光客に大分県をPRするため、大分県を強調した九州の地図の上に、大分県の「おんせん県おおいた」ロゴマークをあしらったビールの中びんを今年4月24日から大分県内を中心に九州8県で販売することになりました。販売に先駆け、サッポロビール株式会社から執行役員九州本部長、九州日田工場長らが知事への販売報告を行いました。

 岩尾本部長は「大分県の名水でつくった大分県産のビールです。今後、温泉やホテル、居酒屋などで使っていただき、大分県のPRにお役立て下さい」と述べました。広瀬知事は、「今年は世界温泉地サミットと国民文化祭全国障がい者芸術・文化祭、来年はラグビーワールドカップと、大きなイベントが控えているので、観光客へのPRになります」と述べました。

サッポロ生ビール黒ラベル「おんせん県おおいた」中びん発売に係る知事への報告会1 サッポロ生ビール黒ラベル「おんせん県おおいた」中びん発売に係る知事への報告会2

年月で探す