ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「おおいたプレミアム原木生しいたけ知事贈呈」

知事通信「おおいたプレミアム原木生しいたけ知事贈呈」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月14日更新

平成30年12月13日 

 県では「大分しいたけ」のブランド力強化対策の一環として、高品質の原木生しいたけを「大分プレミアム原木生しいたけ」として京都市場へ出荷する取り組みを行っています。生しいたけの旬の季節を迎え、京都市場への本格出荷に合わせた「プレミアム原木生しいたけ」知事贈呈式が行われました。

  大分県原木生椎茸出荷推進事業部会員の佐藤浩孝氏は「当部会は、東北大震災の原発事故風評被害に伴う県産乾しいたけの価格下落を受け、生産者の所得確保及び、県産しいたけのブランド力強化を図ることを目的として活動しています。肉厚で高品質な「プレミアム原木生しいたけ」を京都市場へ平成25年度から出荷しており、出荷量を順調に伸ばしています。今後も生産努力を重ね、風評被害の払拭に尽力いたします」と決意を述べ、知事に「おおいたプレミアム原木生しいたけ」を贈呈しました。広瀬知事はしいたけを味わい「ぷりぷりとした歯応えで、噛めば噛むほど味と風味が口の中に広がりますね。日本の食文化の発信地のひとつである京都市場へ出荷し味が評価されたというのは、一重に皆様の努力の成果です。これからの更なる尽力に期待しています」と激励の言葉を述べました。

    知事に説明する佐藤さん 記念撮影

    

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください