ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「優良民間社会福祉事業施設・団体に対する天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式」

知事通信「優良民間社会福祉事業施設・団体に対する天皇誕生日に際しての御下賜金伝達式」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月22日更新

平成30年12月21日 

 特別養護老人ホーム宇水園(社会福祉法人宇水会 宇佐市)に対し金員の御下賜があり、御下賜金伝達式が行われました。御下賜金とは天皇誕生日に際し社会福祉事業を奨励するため、天皇陛下から優良民間施設・団体に対し、金一封が下賜されるものです。 

 広瀬知事は御下賜金を授与し、「宇水園は、高齢者の福祉の増進はもとより、社会の変化や地域のニーズに沿った高齢者総合福祉施設として、宇佐市における地域福祉の充実、向上に多大な成果を上げてこられました。このたびの栄誉は施設関係者の皆さんの長年にわたる献身的なご努力とそのご功績が認められたものであり、心から敬意を表します」とお祝いの言葉を述べました。石田正信理事長は「御下賜金を賜りましたことは、宇水会にとって誠に名誉なことだと思います。この名誉に恥じぬよう一層精進し、地域社会への貢献のため努力を続けていきます。ありがとうございました」と喜びの言葉を述べました。

   石田理事長に御下賜金を伝達する広瀬知事 記念撮影

    

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください