ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 知事通信 > 知事通信「乾しいたけを活用した開発商品受賞報告」

知事通信「乾しいたけを活用した開発商品受賞報告」

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月28日更新

平成30年12月27日 

 乾しいたけを手軽に味わえる商品を開発し、各コンテストで受賞した株式会社姫野一郎商店(竹田市)と株式会社茂里商店(豊後大野市)が知事に受賞報告を行いました。 

 もりもり食べる「山のだし茶漬け」セットD-パワーを開発し、森のめぐみプロジェクト新メニュー・新商品コンテスト大賞を受賞した(株)姫野一郎商店の姫野代表取締役は「セットDのDは、ビタミンDのことです。栄養価の高さと手軽に食べられることが評価されました。お茶漬けに合う素材を選び、別府湾のちりめんも使って作りました」と述べました。万能椎茸だしを開発し、調味料選手権2018審査員特別賞イイ味覚賞を受賞した(株)茂里商店の茂里代表取締役は「しいたけがあまり好きではないという子供たちの声を聴き、子供にもおいしく食べてもらえるように開発しました。素朴にしいたけのおいしさが伝わるところが評価されました」と述べました。試食した広瀬知事は「乾しいたけの生産は関係者のご尽力のおかげで日本一に輝いていますが、いかに多くの人に親しんでもらえるかが課題でした。山のだし茶漬けはお子さんにも好まれそうで、万能椎茸だしはほっとする味ですね。日本一の乾しいたけの新境地ができました。皆さんに喜んでいただける商品ができて大変うれしいです」と述べました。  

懇談の様子 記念撮影

    

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください